十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

更新情報

特集

年間キャンペーン2018「気候変動と生きる」

年間キャンペーン2018「気候変動と生きる」

 巨大台風やゲリラ豪雨、異常高温と、地球規模の気候変動を実感するニュースをよく耳にするようになりました。十勝でも2016年、過去例がない3度の台風上陸を受け、生活や農業が大打撃を被りました。
 気候変動を巡っては、これまで温室効果ガスの抑制など「変動の緩和」が柱でした。ですが、ここ数年は温暖化の進行を念頭に「変動への適応」が世界的に求められています。日本政府も15年、「気候変動の影響への適応計画」を策定。農業や生態系、国民生活への影響を多角的に検証し、対応策を練り始めました。
 十勝は開拓以来、厳しい自然を克服し繁栄を築いてきました。気候変動は新たな試練である一方、チャンスでもあるはずです。
 今年の年間キャンペーンのテーマは「気候変動と生きる」です。身近な出来事から気候変動との関係をひも解き、十勝でどう対応していくかを考えます。

北海道そば祭り~手打ち屋台紹介

 【新得】「北海道そば祭り併催第17回しんとく新そば祭り」が29、30日の午前10時~午後3時、町保健福祉センターなごみ前駐車場などで開かれる。町内外の14店(町内10店、道内4店)が出店し、全国一の生産量を誇る北海道そばの魅力を発信する。出店者を紹介する。[一覧へ]

停電災害

停電災害(3)「通電後でも通信不具合」

 北海道胆振東部地震に伴う大規模停電は、企業の生産活動や運輸、通信、家庭生活などあらゆる場面に影響を与え、電力に依存した現代社会の脆弱(ぜいじゃく)さを改めて浮き彫りにした。停電に対して社会はどう備えられるのか、現状と課題を探る。[一覧へ]

十勝清水 肉・丼まつり~メニュー紹介

 【清水】「十勝清水 肉・丼まつり」(実行委員会主催)が16日午前10時~午後3時、町内の有明公園で初開催される。地元産の牛、豚、鶏、羊を使った丼が集結、「肉のまち・清水」を発信する。1杯600円(当日)で提供する9種類の肉丼を紹介する。[一覧へ]

沈黙が語る~十勝の強制不妊と精神福祉

沈黙が語る~十勝の強制不妊と精神福祉(下)「可能性の芽-『浦河べてるの家』」

 旧優生保護法に基づいて精神疾患がある人らに行われた「強制不妊手術」に対し、全国で被害者訴訟が始まっている。十勝毎日新聞の取材によると、複数の証言から、十勝管内にも被害に遭った人が少なくとも3人いたことが判明した。ただ、十勝の被害者が声を上げる気配はない。精神、知的障害を抱える人が置かれる難しい状況から、「誰もが暮らしやすいまち」を考える。(奥野秀康)[一覧へ]

Mottoおび広がるプロジェクト~2018年度採択団体紹介

Mottoおび広がるプロジェクト~2018年度採択団体紹介(10)「おびひろアイスホッケー応援隊」

 帯広市が市民によるまちづくり活動を助成する「市民提案型協働のまちづくり支援事業」(愛称・Mottoおび広がるプロジェクト)。来年度実施事業の募集に合わせ、今年度に事業を実施する10団体の取り組みを紹介する。[一覧へ]

タイで「北の屋台」を~チェンマイ初実験ルポ

タイで「北の屋台」を~チェンマイ初実験ルポ(下)「実現へ 見えた課題」

 タイ・チェンマイ市での「北の屋台」をモデルとした「屋台YATAI」構想。帯広商工会議所(高橋勝坦会頭)などの呼び掛けで、チェンマイ市で開かれた展示会「ランナー・エクスポ2018」(6月22日~7月1日)で行われた初の実証実験をリポートする。[一覧へ]

現場の要~十勝の登録基幹技能者

現場の要(8)「大和左官工業(帯広) 山岸祐司さん(46)」

 工事現場ではさまざまな職種の職人たちがそれぞれの役割を果たしながら一つの完成物を作り上げている。そうした現場において、各職種の中核を担うのが「登録基幹技能者」たちだ。建設業はそれぞれ専門性が高く分業化されていて、一般に知られていない業種も多い。十勝で活躍する技能者たちの仕事へのこだわり、それぞれの職種の特色や意義などを紹介する。[一覧へ]

私の回顧録

私の回顧録(15)「十勝地区農協組合長会会長 有塚利宣さん」

 人生あの日あの時を振り返る「私の回顧録」。その当時の世相を織り込み、一人の人間の生きざまを深く掘り下げます。第1回は、JA帯広かわにし組合長、十勝地区農協組合長会会長の有塚利宣氏(86)を紹介します。[一覧へ]

まちのインスタ映え2018夏

まちのインスタ映え2018夏(6)「幕別・忠類 ナウマンゾウ親子像」

 写真映えする管内のスポットなどを紹介する企画の第2弾、「夏編」をお届けする。[一覧へ]

日高山脈の価値~国立公園への道~

日高山脈の価値~国立公園への道~(下)「復活した要望」

 環境省は日高山脈襟裳国定公園の国立公園指定に向け、検討を進めている。日高山脈の地形や自然の価値、地元関係者の取り組みや期待、課題を紹介する。[一覧へ]

岩手県大槌町の今

岩手県大槌町の今(下)「歴史置き去りの復興」

 東日本大震災の津波とその後の火災で、人口の1割に当たる1300人近くが亡くなり、中心市街地や産業基盤の大部分を失った岩手県大槌町。原発被災地を除くと復興が最も遅れている自治体の一つとされる。8回目の夏を迎えた町の現状を取材した。[一覧へ]

誕生!芽室あんかけ焼きそば~店主自慢の味紹介~

誕生!芽室あんかけ焼きそば~店主自慢の味紹介~(4)

 十勝芽室コーン炒飯(チャーハン)地域活性化協議会(高橋広明会長)による新ご当地グルメ第2弾として7月にデビューした「芽室あんかけ焼きそば」。芽室産小麦100%の特製中太麺と芽室産ゴボウを具材に使うことを条件に、町内7店が特色ある一品を考案。各店のメニューを紹介する。(澤村真理子)[一覧へ]

情熱あせぬ100回目の夏~私と甲子園

情熱あせぬ100回目の夏~私と甲子園(8)「NPO法人の招待で2018年センバツ観戦 澁谷悠稀さん」

 現在の全国高校野球選手権は1915年、全国中等学校優勝野球大会として大阪府豊中市でスタート。全国の高校球児の頂点を決める大会は戦前・戦中の中断を乗り越え、今年で記念すべき100回目を迎えた。  夢の舞台を体験した高校球児や関係者は甲子園から大きな財産をもらい、十勝でも受け継がれている。管内関係の球児らにそれぞれの「甲子園」に感じる思いを話してもらった。[一覧へ]

農業再生~原発事故被災地のいま

農業再生~原発事故被災地のいま(下)「有機にこだわる根本さん-福島県南相馬市」

 十勝とも開拓期からの縁が深い福島県の相馬地方。東日本大震災の原発事故による放射能汚染から、再び地域の農業を再生させようと頑張る人々の取り組みを、飯舘村と南相馬市を訪れて取材した。(小林祐己)[一覧へ]

羽ばたく十勝の事業者~海外支援ネットから

羽ばたく十勝の事業者~海外支援ネットから(2)「山西農園(帯広)」

 十勝の事業者に対する関係7機関の「とかち海外展開支援ネットワーク」(事務局・ジェトロ帯広相談窓口、以下支援ネット)が発足した。支援ネットが関わった事業所の取り組み例などを紹介する。(随時掲載)[一覧へ]

輝く!道東の人~日本政策金融公庫レポート2

輝く!道東の人~日本政策金融公庫レポート(17)「サカエ農機(音更) 衣原敏博社長」

 今後は十勝管外の道東の生産者も随時紹介する。これに伴い、タイトルを「輝く!道東の人」に改めた。[一覧へ]

しかおい花フェスタ2018~注目ガーデン紹介

 自慢の庭へようこそ-。個人・事業所10カ所の庭を公開する「しかおい花フェスタ2018」(町「花と芝生の町づくり」推進協議会主催)が、22日まで町全域で開かれている。ガーデニング愛好家たちによる手入れの行き届いた個性的な庭の中から、注目の4ガーデンを紹介する。花フェスタマップはしかおい、うりまくの両道の駅と経済交流館「ほほえみプラザ」、町役場で配布している。[一覧へ]

第34回国際農機展~ICTが拓く未来

第34回国際農機展~ICTが拓く未来(下)「開催委員会 有塚利宣会長」

 第34回国際農業機械展in帯広の開幕(12日)が目前に迫った。テーマの「ICTとともに更なる未来へ」に沿った最新機器が多数展示される。今開催で注目の機械や技術を紹介する。[一覧へ]

自然に寄り添い~十勝千年の森10年

自然に寄り添い~十勝千年の森10年(下)「涌井史郎氏=東京都市大特別教授=に聞く」

 2008年7月の全面オープンから10周年を迎えた十勝千年の森(清水町羽帯)。国内外から評価される環境共生型ガーデンの現状と、今後の方向性を探った。[一覧へ]

その他特集一覧

ニュース

スポーツ

くらし

過去の特集一覧

更新情報

みこし行列練り歩く 帯廣神社秋季例大祭

紙面イメージ

紙面イメージ

9.25(火)の紙面

ダウンロード一括(65MB) WEBビューア※モバイル向け Flashビューア※Flash Pleyer

日別記事一覧

前の月 2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME