十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

まるでドライフルーツ「十勝熟成黒にんにくペースト」 JA十勝清水が新商品

黒ニンニクの新商品をPRする職員

 【清水】JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではすでにプレ販売を開始。6月中旬から十勝管内のスーパーなどで販売する。(小野寺俊之介)

 同JA初のニンニクのペースト商品。約30日間熟成した黒ニンニクを使用することで臭いが軽減され、ドライフルーツのような甘みが感じられる。皮をむく面倒な作業が省け、肉のソースやカレーの隠し味など料理にも使い勝手がいい。

 安心・安全な食品にこだわり、開発に約1年をかけた。商品は無添加で、殺菌の過程やペーストのなめらかさを求めて工夫を重ねた。同JAによると、ペーストには、生ニンニクには少量しか含まれず、体の酸化を防ぐ作用があると言われる「S-アリルシステイン」を含んでおり、健康志向の消費者にもお薦めできるという。

 農産課の担当者は「清水のニンニクをよりおいしく、食べやすくしたいと開発した。食生活の一部に加えてもらい、毎日みなぎった生活を送っていただければ」と話している。

更新情報

「帯広豚丼サンド」商品化 たれは老舗「鴨川」のレシピ エイムカンパニー

紙面イメージ

紙面イメージ

7.23(火)の紙面

ダウンロード一括(78MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME