十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

4万5000個鮮やかに 帯広駅前でイルミネーション点灯式

青色に輝くイルミネーションのトンネル(長尾悦郎通信員撮影)

 帯広市中心部の冬を彩るイルミネーション点灯式が2日、JR帯広駅北口で開かれ、ぬくもりあるオレンジ色の光が辺りを包んだ。点灯は来年2月23日まで。

 今年で22回目。十勝電気工事業協同組合青年部(板倉利幸部長)がシンボルツリーのハルニレの木やハートのオブジェなどに約4万5000個のLED電球を取り付けた。昨年に引き続き、今年も高校生ボランティア団体「十勝高校生団体CAN-PASS」が提案した青色のトンネルイルミネーションも登場した。

 点灯式では、帯広市内のヒップホップダンススクール「スタジオハーミット」がダンスを披露した。おびひろイルミネーションプロジェクト実行委員会の林佑太実行委員長が「帯広の街中は大型店閉店の話題もあるが、イルミネーションのように変わらず続くイベントもある。心は温かく、明るく点灯を迎えてほしい」とあいさつ。米沢則寿市長や商店街などの関係者9人とキッズサンタ7人が点灯ボタンを押し、平原通りなどの電飾も含めて一斉に明かりがともった。

 キッズサンタを務めた水野杏さん(9)は「ボタンを押す時は緊張したけど、電気がついた時はとてもきれいだった」と話した。

 点灯式では、帯広商工会議所女性会からの寄付金贈呈も行われた。寄付額は6万円。同会の蔦井美津枝会長から林実行委員長に目録が手渡された。(菊地青葉)

4万5000個鮮やかに 帯広駅前でイルミネーション点灯式

関連動画

  • 4万5000個鮮やかに 帯広駅前でイルミネーション点灯式

関連写真

  • キッズサンタたちがボタンを押し、一斉に明かりが灯ったイルミネーション(長尾悦郎通信員撮影)

    キッズサンタたちがボタンを押し、一斉に明かりが灯ったイルミネーション(長尾悦郎通信員撮影)

  • 点灯後にポーズをとるキッズサンタら

    点灯後にポーズをとるキッズサンタら

  • 明るい光に包まれた帯広駅前

    明るい光に包まれた帯広駅前

  • 明るい光を放つハルニレの木

    明るい光を放つハルニレの木

  • 挨拶する林佑太実行委員長

    挨拶する林佑太実行委員長

  • 電飾を前にポーズをとる子ども達

    電飾を前にポーズをとる子ども達

  • ピンクに光るハートのオブジェ

    ピンクに光るハートのオブジェ

  • 寄付の目録を手渡す蔦井美津枝会長(左)と受け取る林佑太実行委員長(右)

    寄付の目録を手渡す蔦井美津枝会長(左)と受け取る林佑太実行委員長(右)

  • スタジオハーミットによるダンスパフォーマンス

    スタジオハーミットによるダンスパフォーマンス

更新情報

帯広花園少男子1部初V 女子同は帯広啓西少初の頂点 ミニバスケ全十勝少年団大会兼全十勝冬季大会

紙面イメージ

紙面イメージ

2.21(水)の紙面

ダウンロード一括(97MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME