十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ハスカップ熟す 大樹の向井さん宅 7月上旬まで有料開放

摘み頃を迎えた向井さんのハスカップ

 【大樹】大樹町東和地区にある向井稔さん(85)の畑でハスカップの実が熟し、摘み頃を迎えている。7月上旬まで有料で開放している。

 向井さんは20年以上前からハスカップの栽培に取り組んでいる。現在は帯広広尾自動車道・忠類大樹インターチェンジ付近にある畑約0・5ヘクタールに、1300本を植えている。

 今季は夏日になった17日ごろから急速に登熟が進み、濃い紫の実が枝に付くようになった。1キロ500円で、ハスカップ狩りを楽しむことができる。

 向井さんは「熟すのは遅かったが出来は例年並み。甘かったり、酸っぱかったりと味が一定しないのが難しく、そこが楽しい」と話している。

 問い合わせは向井さん(01558・6・3079)へ。(能勢雄太郎)

関連写真

  • ハスカップ熟す 大樹 2

    ハスカップ熟す 大樹 2

  • ハスカップ熟す 大樹 3

    ハスカップ熟す 大樹 3

更新情報

「二度と戦争をしてはいけない」 東士幌小で平和学習 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

6.30(木)の紙面

ダウンロード一括(104MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME