十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

無農薬ワイン今年も完成、来月2日販売会 あいざわ農園

ラベル貼りなどを終え、販売を待つ商品を見つめる相澤代表

「赤」2種新登場
 あいざわ農園合同会社(帯広市以平町西9線21、相澤一郎代表)は、自社農園で無農薬栽培した2021年産ブドウを使って自家醸造したワインをこのほど完成させた。今年は新たに赤ワイン2種が加わり、ロゼワインなど5種を商品化。7月2日に本社内の相澤ワイナリーで販売会を開く。

 あいざわ農園は、一郎氏の父で市内で不動産業を営む龍也氏が、現在地などで約20年前から無農薬でブドウを栽培。15年からは一郎氏が中心に手掛け、19年に十勝管内では56年ぶりにワインの醸造免許を取得し、同所にワイナリーを整備した。ブドウ畑は大樹町内なども含め5・5ヘクタール。

 今年は醸造3年目。これまでのロゼワイン「龍之介」(750ミリリットル3630円)と「サチロゼ」(同3410円)、微発泡ワイン「A-danza Frizzante(アーダンツァ・フリッツアンテ)」(同3190円)に、今回、赤ワインの「きよまいトノト」(同3960円)と「sachirera(サチレラ)」(同5500円)が加わった。

 野生酵母で発酵し、無ろ過・無清澄でびん詰めしているのは共通だが、熟成法に違いがある。また、ロゼ2種とサチレラは山幸100%、微発泡は清舞51%に清見と山幸をブレンド、きよまいは清舞を使用した。

 販売会は午前10時~正午、計約3000本を数量限定で販売する。相澤代表は「原材料などの高騰で昨年より多少値上げしたが、無農薬ワインは手間や希少性を考えると価値がある」とPR。問い合わせは同農園(0155・63・7723)へ。(佐藤いづみ)

関連写真

  • 新たに商品化した(手前右から)サチレラときよまいトノト

    新たに商品化した(手前右から)サチレラときよまいトノト

  • 主力の「龍之介2021」の商品を見守る相澤代表

    主力の「龍之介2021」の商品を見守る相澤代表

  • 無農薬ワイン今年も完成 「赤」2種新登場 来月2日販売会 あいざわ農園 4

    無農薬ワイン今年も完成 「赤」2種新登場 来月2日販売会 あいざわ農園 4

更新情報

まちの120年を分かりやすく 清水町郷土史料館がリニューアル

紙面イメージ

紙面イメージ

10.4(火)の紙面

ダウンロード一括(67MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME