十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

おびひろプレミアム商品券 販売スタート 購入は30日まで、利用は年内

開場から多くの人が訪れた藤丸の引換所(24日午前10時40分ごろ、小山田竜士撮影)

新型コロナウイルスの経済対策として、帯広市内在住者向けに発行する「おびひろプレミアム商品券」の販売・利用が24日に始まった。事前に指定された窓口には、商品券を購入する予約者が続々と訪れた。参加店は年末に向け、消費喚起に期待を寄せている。

 帯広市や帯広商工会議所などで構成する実行委員会が発行。全店共通商品券(プレミアム率20%)と飲食店専用商品券(同40%)があり、両券とも発行数を大幅に上回る申し込みがあり、1人当たりの購入上限を減らした。販売は24~30日(午前10時~午後5時)に市内16カ所のうち指定された窓口で行う。郵送された引換券と身分証明書を持参する。事務局は「引き換え期間が短いので、お忘れなく」と呼び掛けている。

 藤丸6階に設置された特設会場には、午前10時の開店と同時に市民が訪れ、商品券を購入していた。市内の佐藤裕子さんは「食品や身の回り品の購入に使いたい」と話していた。

 全店共通券(18万冊発行)は1000円券12枚入りで1冊1万円。1人上限3冊とし、上限引き下げにより生じた端数分は4冊以上購入希望者を対象に抽選を行い、1冊上乗せした。飲食店専用券(1万冊発行)は1000円券14枚入りで1冊1万円。1人1冊とし、抽選で1万人を選んだ。

 使用期間は12月31日まで。参加店は24日現在、前年比18店増の1452店。購入されなかった分の2次販売は、改めて募集はせず、希望通りの冊数を買えなかった申込者を対象に抽選で販売する。(津田恭平)

関連動画

  • おびひろプレミアム商品券 販売スタート

更新情報

遠景近景(50)「雌阿寒岳冠雪  足寄」

紙面イメージ

紙面イメージ

10.23(土)の紙面

ダウンロード一括(70MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME