十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ビート苗の移植作業 早くも始まる

ビートの移植が始まった管内の畑(16日、幕別町駒畠)

 【幕別】暖かい陽気が続く中、砂糖の原料となるビートの苗の移植作業が十勝管内で早くも始まっている。ビニールハウス内で育てた苗が機械で次々と植えられ、畑に緑色の線を描いている。

 ビートの栽培はこれまで移植が主だったが、畑に直接種をまく「直播(ちょくはん)」が増え、現在は直播がやや上回っている。移植ではペーパーポットと呼ばれる紙筒に種を入れ、ハウス内で45日間ほど育てて畑に植える。労力はかかるが、霜や風害などに強いことが特長。

 幕別町駒畠の本田晴美さん(67)は14日に作業を始めた。作付面積は約20ヘクタール。トラクターがけん引する作業機が広大な畑に4列ずつ苗を植え付ける。本田さんによると、例年は20日前後が作業初日。「気温の高さで畑の土の乾きが進み、気温が0度を下回る心配もないので移植を始めた。今年は収量も糖度もあるビートに期待したい」と話していた。

 道農政部によると、管内の昨年のビート生産量は前年比7・5%増の153万5296トンだったが、平均糖分は同2・7ポイント減の13・2%と過去最低水準まで落ち込んだ。(松村智裕)

関連写真

  • 移植に向け、作業機にビート苗を載せる農業者ら

    移植に向け、作業機にビート苗を載せる農業者ら

  • ビートの移植が始まった管内の畑(16日、幕別町駒畠)

    ビートの移植が始まった管内の畑(16日、幕別町駒畠)

  • ビートの苗

    ビートの苗

更新情報

「芽室の誇り」 再び五輪の永原選手へ故郷もエール

紙面イメージ

紙面イメージ

5.21(火)の紙面

ダウンロード一括(78MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME