十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

真新しい農機ずらり 春の農作業スタートで出荷ピーク

トラックに積み込まれる防除用農機のスプレーヤ(10日、東洋農機本社)

 春の農作業シーズンの始まりを受け、十勝管内の農業機械メーカーでは農機の出荷がピークを迎えている。真新しい機械が敷地内にずらりと並び、次々とトラックに積み込まれ、管内外の農家へ届けられている。

 創業115年の老舗メーカー、東洋農機(帯広、太田耕二社長)は今年度、22機種・70型式の計1465台の農機生産を予定。そのうち、3月末から5月上旬にかけて約7割を出荷する。農薬を散布する「スプレーヤ」や、心土破砕・簡易耕起用の「ダブルソイラ」などがこの時期、十勝を含む道内各地に出荷され、一部の収穫機は九州などにも送られる。

 スプレーヤは、13分割した配管の開閉を自動で行う「セクションコントロール」を導入したタイプが前年比1割増と、売り上げを伸ばしている。同社は「IoT(モノのインターネット)対応で、効率的に農薬を散布する機械の人気が高い」とする。

 昨年の管内JA取扱高(概算)は歴代2番目となる3573億円を記録したが、生産資材の高止まりが農家の経営を圧迫している現状もある。同社の溝口訓由営業販売本部長は「農機の売り上げは前年とほぼ同じだが、昨年の猛暑を受け、『今年の作柄を見てから』と春の購入を見送った農家も少なくない」と話していた。(松村智裕)

関連写真

  • 東洋農機本社に並ぶ防除用農機のスプレーヤ(10日)

    東洋農機本社に並ぶ防除用農機のスプレーヤ(10日)

  • トラックに積み込まれる防除用農機のスプレーヤ(10日、東洋農機本社)

    トラックに積み込まれる防除用農機のスプレーヤ(10日、東洋農機本社)

  • トラックに積み込まれる防除用農機のスプレーヤ(10日、東洋農機本社)

    トラックに積み込まれる防除用農機のスプレーヤ(10日、東洋農機本社)

更新情報

ホーム球場、手弁当で整備 まいどリーグの大原さんと高山さん

紙面イメージ

紙面イメージ

5.21(火)の紙面

ダウンロード一括(78MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME