十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

初収穫のリンゴ使ったシードルを発売 足寄ひだまりファーム

自社の果樹園で初めて収穫したリンゴを使用したシードルをPRする沼田代表

 【足寄】足寄町螺湾の農業生産法人「足寄ひだまりファーム」(沼田正俊代表)が1日、自社の果樹園で育てたリンゴを初めて使った発泡性果実酒(シードル)の販売を開始した。沼田代表は「自信を持っておすすめできるものが完成した」と喜ぶ。(坂口阿希奈通信員)

 同ファームは2020年にシードル事業を開始し、リンゴの栽培も行ってた。

 昨年は後志管内余市町や長野県から仕入れたリンゴでシードルを初めて販売した一方で、初年度に自社の果樹園に植えたシナノゴールドとシナノスイート計340キロも初めて収穫。これを昨年10月、選果と洗浄をして専用の遠心破砕器で粉砕し、油圧プレス機にかけて搾汁した。約220リットルをタンクに入れ、ワイン酵母などを使って1カ月ほど発酵させた。

 足寄産リンゴ酒の商品名は、「0(ゼロ)UNIQUE(ユニーク)」。辛口と中口の2種類で、330ミリリットル(1100円)635本が完成し、道の駅あしょろ銀河ホール21などの店頭に並ぶ。

 リンゴ酒以外にも町内の農園で収穫した果実を掛け合わせ、その果物の特徴を出した果実酒も販売する。ラズベリーを使用した「02 LASPBERRY」と、マルメロとの「04 MAEMELO」を売り出し、今後は順次ハスカップやカシスも提供予定。

 ほかにも道内外のリンゴで仕込んだ「00 COMMON(コモン)」やビール酵母で発酵した「00 ALE(エール)」なども進めている。

 道の駅のほか、同ファーム運営の「カフェ・デ・カミーノ」(町螺湾93)、醸造所「BLANK HARD CIDER WORKS(ブランク・ハードサイダー・ワークス)」(町北1)などで販売する。

 問い合わせはEメール(info@blank-hardcider.com)で。

更新情報

スターイチバンが一番時計2分12秒6 ばんえい十勝第1回能力検査

紙面イメージ

紙面イメージ

4.13(土)の紙面

ダウンロード一括(81MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME