十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

畑にふくらむパンの夢 とやま農場内に「ベーカリーシュマン」2日オープン

畑のそばに設けられたパン店と代表の岡田さん

 周囲に畑が広がる帯広市郊外に12月2日、十勝産食材をふんだんに使ったパン店「ベーカリー chemin(シュマン)」(美栄町西7線127)が開店する。代表の岡田昌樹さん(46)は「小麦などの原材料を作る農家さんと食べてくれる消費者の架け橋のような存在になりたい」と話している。

 岡田さんは岩見沢市出身。同市内のパン店で7年間勤めた後、2009年から満寿屋商店(本社帯広市)で勤務。同社では、国立市(東京)に以前あった店舗で工場長、今年3月の退職時は「麦音」(帯広市稲田町)で副店長を務めていた。パン職人としては「2018パングランプリ東京」(東京都パン商工協同組合主催)の「自家製発酵種を使ったフランスパン部門」で優秀賞に輝くなどの実績がある。

 「畑のそばでパン屋を開くことが夢だった」と岡田さん。以前から親交があった「十勝とやま農場」に思いを伝えたことをきっかけに、同農場の敷地内に店を設けることが決まった。

 「農家さんの思いをパンで表現したい」と小麦は全て十勝産を使用。パンは食パンや十勝あんパン、塩バターパンのほか、同農場の黒大豆を酵母に使った黒大豆パン「パン・ド・ファームTOYAMA」など。十勝産食材は卵や牛乳のほか、アマニ、マスタードなども。1個150~400円ほどの価格帯で提供する。

 温かみのあるベージュ色のコンテナが店舗。周囲に小麦畑や日高山脈などを望み、近くには小川が流れる。岡田さんは「十勝の四季を感じられる場所」と気に入っている。店名の「シュマン」はフランス語で「道」「農道」を意味し、「農家さんと消費者が出会う場という思いを込めた」と話している。

 営業時間は午前10時~午後5時(売り切れ次第終了)。火曜定休で祝日時は営業する。12月は無休とし、天候によって臨時休業する場合もある。問い合わせは同店(080・1883・5568)へ。(松村智裕)

更新情報

近未来の技術肌で実感、上士幌小児童が自動運転バス乗車 上士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

2.21(水)の紙面

ダウンロード一括(97MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME