十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

出荷わずか120匹 海荒れ8割死滅 大樹の養殖サクラマス

大樹町内で養殖されているサクラマス。11月までは順調に生育していた(10月3日の生育調査)

 【大樹】大樹町内の旭浜漁港で試験的に養殖されているサクラマスは、先週末にしけの直撃を受け、大半が出荷できない状態になってしまった。同事業は一昨年、昨年も不調に終わり、「三度目の正直」と臨んだ今期だったが、出荷目前で三たび不運に見舞われた。

 大樹漁協に所属する若手漁業者らの研究会の事業。町の支援を受け2020年度からの3カ年計画で取り組んでいる。一昨年、昨年は9月に大しけ、赤潮に襲われ、ほぼ全滅した。

 今期は5月に道機関の試験用を含む2150匹をいけすに放流。「9月の壁」を乗り越え、11月まで順調に生育していた。1~2キロ程度に育て、12月に水揚げ・出荷する計画だった。

 ところが11月下旬のしけで7、8割方が死滅したり、いけすにこすられて傷物に。120匹程度は帯広の市場に出荷できたが、いずれも1キロに満たない小さめの魚だった。

 同漁協の伊藤浩二専務は「早めに揚げておけば…と悔やまれるが、この時期の大しけは予想外だった。サクラマスの養殖は難しい。生育することを確認できただけでも成果」と前向きに話している。(能勢雄太郎)

更新情報

27日に池田町観光オープン式 池田高校吹奏楽部演奏や「トコロン」販売も

紙面イメージ

紙面イメージ

4.21(日)の紙面

ダウンロード一括(66MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME