十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ロボットで山岳救助 上士幌で技術競う

課題の「発見」をクリアし300万円を獲得したチーム「TAP-J」

 【上士幌】ロボットを使った山岳遭難救助コンテスト「Japan Innovation Challenge(ジャパン・イノベーション・チャレンジ)2022」(実行委主催、上士幌町共催)が8日から3日間、上士幌町内の町有林で行われた。全国から4チーム(約25人)が出場して三つの課題に挑戦、1チームだけ「発見」の課題を達成した。上村龍文実行委員長は「ロボットで遭難した人をいち早く探す技術として、今後も知識とイノベーションを結集し、全国に社会実装していけたら」と展望を話した。

 2年ぶりの開催となった同コンテストは、第1回が2016年に開かれ、今回が5回目。災害対策分野での人命救助ロボットの製品化に向けた研究・開発を加速することや、大会を通じた地域への人材還流の促進による地域活性化が目的。

 大会のテーマは「リモート」。(1)発見=遭難者に見立てた重さ約50キロのマネキンを発見し、位置情報と写真を取得する(2)駆付(かけつけ)=マネキンの近くに無線機や毛布などのレスキューカットを運ぶ(3)救助=捜索エリアに設置されたマネキンをスタート地点まで運ぶ-の3種目で実施した。

チーム「TAP-J」が開発したロボット(実行委提供)

 課題の発見で唯一達成、賞金300万円を手に入れたチーム「TAP-J」(東京)は17年から出場し今回が4回目。安定した飛行が特徴なドローン(重量7キロ)を開発して挑んだ。搭載した赤外線カメラを遠隔操作し、マネキンの熱源を感知し、クリアした。白やオレンジのカラーを取り入れ、戦車のように動くロボットも製作。代表の北岡弘さん(37)は「これからも社会や人の役に立てるロボットを開発したい」と喜んでいた。

 初出場の「AirKamuty」(同)はメンバー全員が飛行機好きで、設計から製造まで約3カ月でドローンを完成させた。山口拓海代表は「不安定で制御をうまくできなかった。次はエンジンを入れてハイブリッドにしたい」と次回への意欲を見せた。

 実行委によると、上士幌町は子育て支援や少子高齢化対策、人材交流や移住に力を入れている自治体として、ドローン(小型無人飛行機)をはじめ、ICT(情報通信技術)産業に積極的に取り組んでいることから開催場所として選んだ。来年も大会を予定しているという。(大健太郎)

ロボットで山岳救助コンテスト 上士幌

関連動画

  • ロボットで山岳救助コンテスト 上士幌

関連写真

  • コントローラーで遠隔操作し大会に挑む参加者

    コントローラーで遠隔操作し大会に挑む参加者

  • チーム「TAP―J」が開発したドローン(実行委提供)

    チーム「TAP―J」が開発したドローン(実行委提供)

  • チームTAP―Jが開発したロボット(実行委提供)

    チームTAP―Jが開発したロボット(実行委提供)

  • コンテストに参加した参加者や関係者(実行委提供)

    コンテストに参加した参加者や関係者(実行委提供)

更新情報

フリーペーパー「かむかむ」100号突破 NPO上士幌コンシェルジュ

紙面イメージ

紙面イメージ

1.29(日)の紙面

ダウンロード一括(64MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME