十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

養殖サクラマス「9月の壁」越え順調に生育 大樹

「9月の壁」を乗り越えて生育を続けるサクラマス

 【大樹】大樹町内の旭浜漁港でサクラマスの養殖事業に取り組む漁業関係者らが3日、魚の生育状況を調査した。過去2年間は9月中に大しけや赤潮が直撃し養殖の継続を断念したが、今季は現時点でも生育を続けていることを確認した。

 大樹漁協に所属する若手漁業者らの研究会の事業。町などの支援を受けて2020年度からの3カ年計画で進めている。主力の秋サケの漁獲が低迷する中、新たな収入源を確保するのが目的。

 今季は5月中旬、道立試験機関の研究用を含む2150匹を同漁港内のいけすに放流。盗難防止の警戒を続けながら、大切に育ててきた。

 この日は研究会の漁業者、漁協、町、道機関の職員など約20人が参加、いけすからサクラマスをすくい上げ、1匹ずつ重量を測定した。研究会のサクラマス(測定尾数・80匹)は平均で0・8キロ、研究用(同178匹)は平均で1・2キロ程度だった。

 研究会の高橋良典会長は「想定以上に成熟が早く、これ以上大きくなるのか見通せない部分はある。取りあえず『9月の壁』を乗り越えて安心した。今後は海の状態などに注意したい」と話していた。養殖は12月まで行い、試食などを計画している。(能勢雄太郎)

関連動画

  • 養殖サクラマス「9月の壁」越え順調に生育 大樹

関連写真

  • 養殖サクラマス「9月の壁」越え順調に生育 大樹 2

    養殖サクラマス「9月の壁」越え順調に生育 大樹 2

  • 養殖サクラマス「9月の壁」越え順調に生育 大樹 3

    養殖サクラマス「9月の壁」越え順調に生育 大樹 3

  • 養殖サクラマス「9月の壁」越え順調に生育 大樹 4

    養殖サクラマス「9月の壁」越え順調に生育 大樹 4

  • 養殖サクラマス「9月の壁」越え順調に生育 大樹 5

    養殖サクラマス「9月の壁」越え順調に生育 大樹 5

更新情報

新得の加地さん、最高位の名人に 全国そば打ち大会

紙面イメージ

紙面イメージ

12.9(金)の紙面

ダウンロード一括(107MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME