十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

顔写真付き食札で誤配膳防止 全道発表で優秀賞 アルペジオ笠松管理栄養士

顔写真付き食札を手に優秀賞を喜ぶ笠松さん

 帯広市内の地域密着型介護老人福祉施設アルペジオ(自由が丘5)の管理栄養士・笠松裕奈さん(26)が、全道老人福祉施設研究大会(8月22、23日・札幌市、道老人福祉施設協議会など主催)での分科会発表で、最優秀賞に次ぐ優秀賞を受賞した。誤配膳や誤薬事故を防止する対策が評価され、「素直にうれしい」と喜んでいる。

 同施設は社会福祉法人光寿会(森光弘理事長)が運営。定員29人の小規模特養でデイサービスを併設している。

 発表では「写真でバッチリ! 事故防止」と題し、食札に入居者一人一人の顔写真を付けた取り組みを紹介した。利用者の顔と名前が一致していない新人やヘルプで来た職員でも安全に食事を提供でき、この取り組みが法人全体に広がったことや、派生して薬ボックスにも顔写真を貼る試みを始めたことなどを説明した。

 当日は笠松さんが体調不良のため、同法人が運営する介護老人保健施設ケアステーションアンダンテ(帯広市)の小野寺有紀管理栄養士が代わりに登壇。笠松さんが作った資料を読み上げた。

 今回の優秀賞で、来年1月26、27の両日に栃木県宇都宮市で開かれる全国老人福祉施設大会・研究会議への参加推薦を受けた。笠松さんは「利用者の顔写真を付ける取り組みは、最初の手間は掛かるが、導入することで多くの利点がある。全国でもこの取り組みを広めたい」と話している。
(松村智裕)

更新情報

「全力で戦う」全国小学生バドミントン選手権出場選手教育長に意気込み

紙面イメージ

紙面イメージ

12.6(火)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME