十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

広尾が高校生の医療費無料化へ 町外から通う広尾高生も対象

 【広尾】広尾町は来年度から、中学生までを対象に行っている医療費の全額助成を高校生にも拡大する。広尾高校の全生徒と町内の親元から町外の高校に通う生徒(下宿生含む)が対象。広尾高校の生徒確保策として、町外からの通学生(同)も助成対象に含めた。

 7日の町議会定例会で、村瀬優町長が12月議会に関連する条例改正案を提出する考えを示した。

 現在は道事業として、6歳未満の乳幼児(通院・入院費)と小学生(入院費)を対象に医療費が助成されている。町は2015年度から独自事業として、中学生までの医療費の全額を助成している。

 高校生の医療費無料化をめぐっては、議会から人口減対策と絡めて早期導入を促す声が上がっていた。一方、少子化を背景に広尾高校の間口維持に向けた環境は年々厳しくなっており、新たな生徒数確保対策が求められていた。

 町によると、7月現在、広尾高校の在校生は114人(うち町外からの通学生は17人)、町外の高校に通っている生徒は50人。これをベースに、高校生拡大分の経費は250万円程度と見込んでいる。なお、町外から広尾高校に通う生徒のうち、住所を有する市町村で助成制度がある場合は対象にならない。

 町は来年春の入試に向け、医療費助成制度の拡充を広尾高校のPRパンフに掲載する予定。村瀬町長は「子育てを支援し、広尾高校の継続にも取り組む」と話している。(能勢雄太郎)

更新情報

「思い出の鉄路 十勝の廃止駅」 広尾線編3 愛国駅

紙面イメージ

紙面イメージ

12.4(日)の紙面

ダウンロード一括(74MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME