十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ぱんちょう復活 帯広駅前に26日 1年2カ月ぶり 店舗建て替え

帯広駅前で営業再開するぱんちょうと山田代表

 帯広の老舗豚丼店「ぱんちょう」が26日、約1年2カ月ぶりに創業の地(西1南11)で営業を再開する。築50年が経過していた店舗の建て替えのため、仮店舗で営業を続けていた。新店舗は以前の雰囲気を残した店内で、これまでと変わらない味を提供する。

 新しい建物は木造2階建てで、床面積は48平方メートル。1階は客席、2階が調理場と従業員の休憩室。店内は温かみが感じられる木目と白色を基調とし、窓を増やすなど開放感のあるつくりにした。

 20年以上前から使っている創業者の妻阿部うめさん(故人)が選んだ木枠の照明器具は変えずに取り付けるなど、思い入れのあるものを使い続ける。全て椅子席で旧店舗と同程度の32席。コロナ感染対策として、当面6人席は4人での利用にする。

 阿部さんの孫の山田美鶴代表は「ここは生まれ育った場所でもあり、やっと帰ってこられたという気持ち。ここに来て、おいしかったと笑って帰ってもらいたい」と話している。営業は午前11時~午後7時。定休日は毎週月曜、第1、第3火曜。問い合わせは0155・23・4871へ(28日から開通)。(大海雪乃)

関連写真

  • 旧店舗の雰囲気を残した店内と山田代表

    旧店舗の雰囲気を残した店内と山田代表

更新情報

池田高美術・書道部がコラボ 十勝ワインに「寅」のラベル

紙面イメージ

紙面イメージ

12.1(水)の紙面

ダウンロード一括(80MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME