十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

畜大2次試験前期日程 トラブルなく実施

問題用紙が配布され、試験開始を待つ受験生(25日午前9時45分ごろ、帯広畜産大)

 国公立大学の前期日程試験が25日、全国で行われ、帯広畜産大でも共同獣医学課程と畜産科学課程合わせて385人が試験に挑んだ。道央圏では大雪のため交通に乱れが生じるなどしたが、この日の帯広は穏やかな天候で、問い合わせ含めてトラブルはなかった。

 大学試験制度の変更と合わせて、同大では2006年以来15年ぶりに前期日程の試験制度を変更した。これまで同大の試験は、数学、英語、物理、化学、生物の5科目から各2題が出題され、5題を選んで解答する形式だったが、今年は5科目は変わらず、各1題の出題となり、必須科目の英語と残り2題を選択する。

 同大の今年度前期日程の志願者は、共同獣医学部が昨年より19人多い144人(募集人員30人)で倍率4・8倍、畜産科学課程は昨年より86人少ない259人(同130人)で同2・0倍。当日の受験者数は計385人で、受験率は95・5%だった。

 大学構内には午前9時ごろから続々と受験生や保護者らが訪れ、試験会場へと向かった。山形県から受験した脇楓さん(19)は「入試制度が変わって緊張もあるが、簡単なミスをしないように気を付けたい」と話していた。

 後期日程は3月12日(共同獣医学課程)、13日(畜産科学課程)で、合格発表は前期が3月6日、後期が同20日。(大谷健人)

更新情報

デスティネーション十勝が地域連携DMOに登録

紙面イメージ

紙面イメージ

4.16(金)の紙面

ダウンロード一括(84MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME