十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

補修工事が本格化 旧国鉄士幌線のアーチ橋・第三音更川橋梁

本格化する第三音更川橋梁の補修工事。寄付に対する感謝の看板も掲げられた(塩原真撮影)

 【上士幌】国の登録有形文化財に指定されている旧国鉄士幌線・第三音更川橋梁(きょうりょう)の補修工事が本格化している。NPOひがし大雪アーチ橋友の会(那須襄太郎代表)が集めた寄付金と、町のふるさと納税の指定寄付として集まった計約1億円を充てる“再生工事”。橋には寄付に対するお礼の看板が設置されている。

 第三音更川橋梁は1936年に竣工(しゅんこう)。全長71メートルで、大小四つのアーチで構成されている。道内で現存する最古の鉄道用コンクリートアーチ橋で、中央のアーチ部分(径間32メートル)も鉄道用コンクリートアーチ橋では最大となる。

 第三音更川橋梁を含む十勝三股までの同線コンクリートアーチ橋梁群は、自然景観に配慮して設計されており、北海道遺産にも認定されている。

 工事は小寺・田西経常建設共同企業体(JV)が担当。主に橋脚下部の補強、橋の最上部(天端)の防水と排水対策のほか、橋全体の表面を補修し、線路があった部分には砂利を敷いて線路も配置する。5月から足場を組むなど作業が始まり、工期は11月末まで。お礼の看板は縦3メートル、横12メートルの大きさで、23日に設置された。

 同JVの小寺友之代表(小寺建設社長)は「内部で骨材が落ち空洞になっている所もあるが、80年以上たってもコンクリートはまだがっちりしている」と話している。(平田幸嗣)

関連動画

  • 補修工事が本格化 旧国鉄士幌線のアーチ橋・第三音更川橋梁

関連写真

  • 撮影:塩原真

    撮影:塩原真

  • 右の赤い橋が国道273号の泉翠橋(塩原真撮影)

    右の赤い橋が国道273号の泉翠橋(塩原真撮影)

  • 撮影:塩原真

    撮影:塩原真

  • 撮影:塩原真

    撮影:塩原真

  • 撮影:塩原真

    撮影:塩原真

  • 撮影:塩原真

    撮影:塩原真

更新情報

地域おこし協力隊2人が着任 士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

4.10(土)の紙面

ダウンロード一括(81MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME