十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

視界不良 打ち上げ、あすに延期 午前5~8時予定 大樹ロケット

霧に包まれたロケット発射場付近(29日午前11時半ごろ)

 【大樹】インターステラテクノロジズ(IST、本社大樹町、稲川貴大社長)は29日午前11時すぎ、午後に予定していた観測ロケット「MOMO(モモ)」初号機の打ち上げについて、霧で視界が確保できないため延期すると発表した。30日午前5時~同8時の打ち上げを目指す。

 29日午後3時45分~同5時に打ち上げを予定していた。天候や準備状況を考慮した午前10時半の判断では実施可能としていたが、その後、霧が晴れる見込みがないとみて延期を決めた。

 濃い霧の場合は指令所からも発射が確認できない他、海上でのロケット回収作業が困難になる。視程(水平方向に見通せる最長距離)600メートル以上が打ち上げの条件だったが、午前11時時点で射点付近は濃い霧で100~150メートル程度の見通し。射点から600メートル離れた指令所からは確認できない状態だった。

打ち上げ中止について報道陣に説明する報道担当の笹本氏(29日午前11時20分ごろ、新井拓海撮影)

 打ち上げスタッフで作家の笹本祐一さん(54)は「この後も条件が良くなることが期待できないとの判断。やむを得ないが、成功させるための延期で(ロケット打ち上げでは)よくあること」と説明した。

 30日の実施を目指すが、天候や準備状況で時刻が変更になる可能性もある。予備の日程は30日午前10時20分~午後0時半、午後3時45分~同5時。

 現地で打ち上げを見る予定だった酒森正人大樹町長は「気候に影響されるのは致し方ない。万全を期して30日に打ち上げてもらいたい」と話していた。中川郁子衆院議員は「天気が延期理由であればしょうがない。30日も打ち上げ現場を視察する予定なので、ぜひ成功させてほしい」と話した。(伊藤亮太)


電子版特設サイト
電子版特設サイト(観測ロケットMOMO打ち上げ)

◆インターステラテクノロジズについて
Interstellar Technologies Inc.-公式ホームページ

更新情報

本別署が交通安全啓発CD作製 フクハラ店舗で放送

紙面イメージ

紙面イメージ

9.24(金)の紙面

ダウンロード一括(110MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME