十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

インデアン「エスタ帯広店」オープン 新店の壁には思い出のエピソードも掲示

大勢の来店客が列をなしたインデアンエスタ帯広店(19日午前10時5分ごろ)

 藤森商会(帯広市、藤森康容社長)が展開するカレーショップ「インデアン」エスタ帯広店が19日午前9時50分、JR帯広駅に隣接するエスタ帯広西館にオープンした。開店を待ち望んでいた多くの客でにぎわった。

 長崎屋帯広店を1月14日で閉店したことによる新規出店で、13店舗目。場所はエスタ帯広西館の北海道ラーメン紀行の隣。旧店同様のセルフ式で、イートインスペース10席を用意。旅行客らの土産需要を想定し、冷凍カレー(1食500円)も販売する。

 初日は開店前から100人を超える客が列をなした。大のインデアン好きという市内の会社員中村一優さん(23)は午前7時40分から3番目で列に並び、「開店してすぐ食べたいと思い予定を立てていた」と笑顔を見せた。

 新店の壁には、旧店の利用客から募った思い出のエピソードを掲示。藤森社長は「世代を超えて来てくれていたことが分かり、スタッフも励まされる思い。玄関口である帯広駅で、お出迎え・お見送りの気持ちで営業したい」と話した。

 営業時間は午前10時~午後7時半(ラストオーダー午後7時)。(吉原慧)


インデアン「エスタ帯広店」オープン

関連動画

  • インデアン「エスタ帯広店」オープン

関連写真

  • 大勢の来店客が列をなしたインデアンエスタ帯広店(19日午前10時25分ごろ)

    大勢の来店客が列をなしたインデアンエスタ帯広店(19日午前10時25分ごろ)

  • 店内の壁に掲げられた、インデアン長崎屋帯広店の思い出エピソード(19日午前10時20分ごろ)

    店内の壁に掲げられた、インデアン長崎屋帯広店の思い出エピソード(19日午前10時20分ごろ)

  • 大勢の来店客が列をなしたインデアンエスタ帯広店(19日午前10時15分ごろ)

    大勢の来店客が列をなしたインデアンエスタ帯広店(19日午前10時15分ごろ)

  • 新店でカレーを頬張る来店客ら(19日午前10時ごろ)

    新店でカレーを頬張る来店客ら(19日午前10時ごろ)

  • オープン日の日付とエスタ、インデアンの文字か刻まれた記念品のスプーン(19日午前10時ごろ)

    オープン日の日付とエスタ、インデアンの文字か刻まれた記念品のスプーン(19日午前10時ごろ)

  • エスタ帯広西館の外まで行列が伸びたインデアンエスタ帯広店(19日午前9時50分ごろ)

    エスタ帯広西館の外まで行列が伸びたインデアンエスタ帯広店(19日午前9時50分ごろ)

更新情報

身振り入れ明るい曲調「わっかの子」 学童保育所にも「所歌」 上士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

5.18(土)の紙面

ダウンロード一括(72MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME