十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

パッケージ一新、幕別の新米を販売開始 食創

パッケージが新しくなった幕別米。右は竹森社長

 食創(帯広市、竹森直義社長)は3日から、幕別町内の農家が栽培した今年産「ななつぼし」の販売を開始した。数量限定。3年目の今年はパッケージをリニューアル、パークゴルフ発祥の地・幕別をイラストなどでPRしている。

 同社は地域振興の一環として2017年から、幕別産米の商品化に取り組んでいる。昨年産は3カ月余りで完売した。販売だけでなく、体験ツアーなども開催している。

 今年も幕別町猿別地区の内野康晴さんが栽培したななつぼしを、精米ベースで約4トン仕入れた。パッケージには「幕別産ななつぼし」と明記している。

 竹森社長は「認知度は高まっている。十勝においしい米があることを多くの人に知ってほしい」と話している。

 2キロ詰め・1パック希望小売価格1000円(税別)。藤丸や管内主要スーパーなどで3日以降、順次売り出す。問い合わせは同社(0155・23・1311)へ。(佐藤いづみ)

関連写真

  • パッケージ一新、幕別の新米を販売開始 食創 2

    パッケージ一新、幕別の新米を販売開始 食創 2

更新情報

映画「糸」登場のチーズをモデルにNEEDS が新商品 幕別

紙面イメージ

紙面イメージ

9.17(金)の紙面

ダウンロード一括(90MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME