十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

18日に野菜と花苗の直売会 帯広ケア・センター

来場を呼び掛ける職員や利用者

 帯広市内の障害福祉サービス事業所「帯広ケア・センター」(川西町西1線、津田俊彦所長)は18日午前10時~午後2時、同施設で「春の野菜苗・花苗直売会」を開く。利用者が丹精込めて育てた苗を販売する。

 野菜苗はトマトやナス、シシトウ、ピーマン、ハーブ類など約3000株をそろえた。トマトは人気の品種「アイコ」のほか、数種類の品種を用意。今年はハーブの種類を増やし、バジル、レモンバーム、シソ、コリアンダーなどを提供する。1株200円。花苗はマリーゴールドやバーベナ、ナデシコなど5000~6000株を1株150円で販売する。

 会場では同センターの商品「ごぼう茶」や豚汁を数量限定で無料提供する。野菜や同センターの加工品「十勝のさつまいも羊羹」、畑で収穫した大豆などの販売も行う。管内4事業所の出店も予定している。

 同事業所の宇野里緒菜生活支援員は「利用者が丁寧に育てた苗。ぜひ購入を」、窪田俊介職業指導員は「丈夫に育ったとお客さんから喜びの声があり、自信を持って販売している」などと来場を呼び掛けている。

 雨天決行。問い合わせは同事業所(0155・59・2739)へ。(菊地青葉)

関連写真

  • 直売会で販売する帯広ケア・センターの商品

    直売会で販売する帯広ケア・センターの商品

更新情報

ガンケフェス今年も盛大に 音楽×アウトドア

紙面イメージ

紙面イメージ

6.14(金)の紙面

ダウンロード一括(85MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME