十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

日本酒「十勝晴れ」が完成 30日から順次発売

完成した十勝晴れをPRする蔵人たち

 帯広畜産大学内の酒蔵・碧雲(へきうん)蔵で新米を使って醸造された地酒「十勝晴れ」が完成した。原材料から醸造までオール十勝産となり2年目。30日から管内の酒店などで順次発売される。

 地酒造りは産学官金などが連携した十勝酒文化再現プロジェクト(事務局・帯広信用金庫)が2010年に開始。十勝の米と水を使用し、醸造は長く小樽の酒蔵に委託してきたが、昨年から上川大雪酒造(上川管内上川町、塚原敏夫社長)が運営する碧雲蔵が担当している。

 音更町内で栽培した酒米「彗星(すいせい)」を使用。3月24日に醸造を開始し、約2100リットルタンク2本分を23~25日間かけて発酵させた。今月22日に搾り作業を行った。

 若山健一郎杜氏(とうじ)は「今年は予想以上に味が豊かに出ていて、碧雲蔵らしい余韻の膨らみと味切れの優しさが特徴。新酒の荒々しさも同時に楽しんでほしい」と話した。

 販売するのは純米酒(精米歩合70%)で、720ミリリットル瓶(税別1600円)が約3000本、1升瓶(同3000円)が約400本を予定している。取扱店は約80店。問い合わせは帯広酒販協合組合(0155・26・1121)。(廣田佳那)

関連写真

  • 完成した十勝晴れを拭き上げる蔵人

    完成した十勝晴れを拭き上げる蔵人

  • 完成した十勝晴れにラベルを貼る蔵人

    完成した十勝晴れにラベルを貼る蔵人

  • 完成した十勝晴れ

    完成した十勝晴れ

更新情報

「産前産後ケア事業」活用を 妊娠期から子育て期まで支援 池田

紙面イメージ

紙面イメージ

6.20(木)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME