十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

道の駅大樹に約10メートル実物ロケット展示 「MOMO7号機」初代モデル

道の駅に展示された「MOMO7号」の実物とISTの社員(11日午前10時ごろ。金野和彦撮影)

 【大樹】大樹町の宇宙開発企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)が製作した実物のロケットが11日、同町内の道の駅コスモール大樹に展示された。約10メートルのロケットは迫力満点で、「宇宙の町」の新しい観光の“目玉”になりそうだ。

 2020年に打ち上げを予定し、エンジンの不具合で見送った「ねじのロケット(MOMO7号機)」の初代モデル。同社は改良型を製作し、21年7月3日に打ち上げに成功した。初代モデルは倉庫に保管されていたが、今回、日の目を見ることになった。

 ロケットは全長10メートル、直径50センチ、重量は約1・2トンもあり、五つに分割して搬入。同日午前8時前から設置作業が行われ、ISTの社員6人が施設内に運び込んだロケットの胴体を慎重につなげ、完成させた。

 展示はしばらく続ける予定。道の駅を運営する町商工会の佐藤公亮さん(41)は「実物のロケットを展示している道の駅は、おそらく全国で初めて。町内の宇宙関連施設に観光客をつなげる役割を果たしたい。気軽に見に来て」とPRしている。問い合わせは同道の駅(01558・6・5220)へ。(能勢雄太郎)


道の駅大樹に約10メートル実物ロケット展示 「MOMO7号機」初代モデル

関連動画

  • 道の駅大樹に約10メートル実物ロケット展示 「MOMO7号機」初代モデル

関連写真

  • 一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」(11日午前9時半ごろ。金野和彦撮影)

    一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」(11日午前9時半ごろ。金野和彦撮影)

  • 一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」機(11日午前9時50ごろ。金野和彦撮影)

    一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」機(11日午前9時50ごろ。金野和彦撮影)

  • 一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」(11日午前8時班ごろ。金野和彦撮影)

    一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」(11日午前8時班ごろ。金野和彦撮影)

  • 一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」(11日午前8時15ごろ。金野和彦撮影)

    一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」(11日午前8時15ごろ。金野和彦撮影)

  • 一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」(11日午前8時15ごろ。金野和彦撮影)

    一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」(11日午前8時15ごろ。金野和彦撮影)

  • 一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」(11日午前8時15ごろ。金野和彦撮影)

    一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」(11日午前8時15ごろ。金野和彦撮影)

  • 一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」(11日午前9時半ごろ。金野和彦撮影)

    一般公開に向け、道の駅コスモール大樹に搬入された「MOMO7号」(11日午前9時半ごろ。金野和彦撮影)

  • 道の駅内に展示されたロケット「MOMO7号」(11日午前11時40分ごろ、大樹町の道の駅コスモール大樹で。金野和彦撮影)

    道の駅内に展示されたロケット「MOMO7号」(11日午前11時40分ごろ、大樹町の道の駅コスモール大樹で。金野和彦撮影)

更新情報

身振り入れ明るい曲調「わっかの子」 学童保育所にも「所歌」 上士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

5.18(土)の紙面

ダウンロード一括(72MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME