十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ベリーダンス関西大会で中井さん準V、三浦さんは決勝進出

賞状を手に笑顔を見せる準優勝の中井さん(左)と決勝へ進出した三浦さん

 関西地方で最大規模のベリーダンス大会「第7回関西コンペティション」が12日、大阪市で開かれ、ファンベール部門ソロで、帯広市のベリーダンスインストラクター中井由佳さん(40)が準優勝の好成績を残した。幕別町のダンサー三浦聡美さん(38)も決勝進出を果たした。

 中井さんは、海外からの出場者もいる中で結果を残し、「入賞は難しいと思っていたので、驚いた」と喜んでいる。三浦さんは、入賞を狙っていただけに悔しさをにじませつつ、気持ちを新たにしている。

 ファンベールとは、扇に150センチほどの布を付けた扇子の小道具。2人は昨年の大会で同部門のデュオに出場し、息の合った演技で優勝に輝いた。優勝すると同じカテゴリーには出場できないため、今回はそれぞれソロで挑んだ。

 昨年優勝した部門だが、ソロではステージの空間や時間を1人で埋める必要があるため、見せ方などで異なる難しさがある。2分半の予選は動画審査で、本選はステージに立ち3分間の演技をする。

 帯広の「アトリエ KAZU」で制作した衣装で臨み、自然と人間の共存の難しさを表現した。1番手という採点競技では不利な出場順で、布が足に引っかかるミスもあったが、ファンベールを2本同時に持ったり、時間差で回したりするなど独創的な技を取り入れてカバーした。市内のベリーダンススタジオ「デザートローズ帯広」で指導しており、「身に付いた技術を共有して、私たちに続く人が出てきてくれたら」と今後を見据えている。

 赤と黒の衣装でタンゴのリズムに乗り舞った三浦さんは、出場者のレベルが上がっていたことを実感。「決勝の11人に残ったのはうれしいが、入賞したかった。踊りを振り返って次に生かしていければ」と述べた。(高井翔太)

関連写真

  • タンゴ曲にのせて情熱的に踊る三浦さん

    タンゴ曲にのせて情熱的に踊る三浦さん

  • 自然と人間の共存をテーマに踊る中井さん

    自然と人間の共存をテーマに踊る中井さん

更新情報

一足早くサクラ開花 帯広の整形外科医院

紙面イメージ

紙面イメージ

4.18(木)の紙面

ダウンロード一括(72MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME