十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ホワイトデー商戦活況 藤丸閉店、客足流れ

ホワイトデーに合わせ、エスタ帯広西館に出店したポップアップショップ(10日午前10時25分ごろ)

 14日のホワイトデーを前に、帯広市内の大型店や菓子店で商戦がピークを迎えている。大型店では百貨店・藤丸が閉店した影響で客足が増加。例年よりも売れ行きが良く、ピークも前倒しとなっている。菓子店の売れ行きは例年通り。帯広駅直結の商業施設エスタ帯広ではポップアップショップ(期間限定店舗)を企画するなど、新たな動きもある。(吉原慧)

ブランドも動く
 イトーヨーカドー帯広店では、例年よりも特設コーナーの来客数が増加。同様の傾向があった2月のバレンタイン商戦では、通常より2割ほど売り上げが多く、ホワイトデーも同程度の売り上げ増を予想する。今吉茂郎管理統括マネジャーは「客単価も高く、帝国ホテルなど2000~3000円台のブランド品の動きが大きい」と話す。バレンタイン商戦の売れ行きを受け、一部メーカーの菓子の取り扱いを増やしたが「3割ほどの商品が売り切れた。例年ならまだ売り切れはほぼない」(今吉マネジャー)と驚く。

クッキーは5倍
 市内の菓子店「菓子の家」は、クッキーなど焼き菓子のギフトや、フルーツタルトを用意。商戦の売れ行きは例年通りで、「クッキーは通常時の5倍ほど売れる。ピークは今週末から14日当日」(同店)とする。

 音更町内の「SWEETS FACTORY GREEN」はサブレやクッキー、マドレーヌなど焼き菓子のギフトを展開。「より多くの客のニーズに応えるため、新たにトートバッグに焼き菓子を詰めたギフト(1950円)を設けた」とギフトに力を入れる。

限定店舗を展開
 エスタ帯広では、西館のイートインスペースを活用し、10~14日までホワイトデー向けポップアップショップを企画。バウムクーヘンの「カタヌキヤ」(東京)と森永製菓のチョコレートブランド「パンダース」が出店する。エスタ帯広の辻貴章支配人は「季節のイベントに合わせた催事は、新規利用客の集客にもつながる。今後も企画していきたい」と話す。

関連写真

  • イトーヨーカドー帯広店のホワイトデー特設コーナーで商品を選ぶ来店客。例年より売れ行きが好調で、品薄となった棚も多い

    イトーヨーカドー帯広店のホワイトデー特設コーナーで商品を選ぶ来店客。例年より売れ行きが好調で、品薄となった棚も多い

  • ホワイトデーに合わせ、エスタ帯広西館に出店したポップアップショップ(10日午前10時25分ごろ)

    ホワイトデーに合わせ、エスタ帯広西館に出店したポップアップショップ(10日午前10時25分ごろ)

  • トートバックに焼き菓子を詰めた商品など、ギフトの展開を増やしたSWEETS FACTORY GREEN

    トートバックに焼き菓子を詰めた商品など、ギフトの展開を増やしたSWEETS FACTORY GREEN

  • ホワイトデー用にクッキーのギフトを用意する店員(「菓子の家」で)

    ホワイトデー用にクッキーのギフトを用意する店員(「菓子の家」で)

更新情報

札内・札内東全勝で10年ぶり優勝、帯八・帯南町準V 全十勝中体連夏季ソフトボール

紙面イメージ

紙面イメージ

7.21(日)の紙面

ダウンロード一括(67MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME