十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

満寿屋商店の新作パン コンテスト1位は? 来場者が審査

優勝した「あつまれ!とかちの森」の(左から)横山さん、新良さん、松田さん

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)が同社のパン職人を対象にした新商品開発コンテスト「ますやカップ2023」で、管内農家のブルーベリー、ラズベリージャムを使った「コキーユ ベリー&チーズ」が1位に輝いた。

 職人のパン製造技術向上と、商品開発への思いを消費者に知ってもらう大会。3年ごとに開催していたが、コロナ禍の影響で延期されていたため5年ぶりの開催。今回は4チームが「全粒粉100%」や「管内農場の自家製ジャム」、「野菜だけのバーガー」などこだわりの詰まったパン8種類をエントリーした。

 2月23日、音更町の「道の駅おとふけ」で決勝戦が開かれ、350人の来場者が審査員として投票。6種類を選び、見た目や味、売り場づくりなど3項目を計15点満点で採点し、今月3日に結果が発表された。

1位に輝いた「コキーユ ベリー&チーズ」

 1位の商品は、チーム「あつまれ!とかちの森」の新良貴靖子さん、松田美香さん、横山実乃李さんの3人が開発。サクサクとした生地と、ジャムとクリームチーズの相性が来場客や審査員から評価された。

 3人は「周囲の店員のサポートもあって作れた。実感が湧かないが、とてもうれしい」と話した。

 小学4年生の娘2人と訪れた市内の岡田五十鈴(いすず)さん(43)は「どのパンもおいしそうで選べず、パン選びは子どもに任せた」と話す。娘の彩奈さん(10)は「チキンカレーのパンなどがおいしそう。(選ぶのが)楽しかった」と笑顔を見せた。

 一部のパンは商品化される予定。(吉原慧)

関連写真

  • エントリーしたパンを選ぶ子ども

    エントリーしたパンを選ぶ子ども

  • エントリーしたパンを選ぶ来場客

    エントリーしたパンを選ぶ来場客

更新情報

スカイアース頂上決戦制す 5-2BTOP サッカー道リーグ第7節

紙面イメージ

紙面イメージ

7.24(水)の紙面

ダウンロード一括(122MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME