十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

「無印良品」木野に出店計画 来年にもツルハ跡に管内初店舗

現在は空き店舗のJA木野所有のツルハドラッグ跡

 【音更】「無印良品」などを展開する良品計画(東京都)が、町木野大通西7のツルハドラッグ跡に、来年中にも出店する計画があることが、26日までに分かった。出店すれば十勝初。予定地である木野地区の国道241号沿いは、今年に入り商業関連の新規出店が続いており、人気全国チェーンが進出すれば、さらににぎわいが増しそうだ。(佐藤いづみ、内形勝也)

 出店場所は食品スーパー「ハピオ」の北隣。長年、ツルハドラッグの店舗として営業してきた建物で、鉄骨造平屋約1140平方メートル。土地、建物ともJA木野(黒田浩光組合長)が所有している。ツルハの新店が近隣にできたのに合わせ、今月中旬以降、空き店舗になっていた。

 良品計画は、2023年8月期の出店計画で国内79店、1650~1980平方メートルクラスを標準とした生活圏への出店などを掲げている。複数の関係者によると、そうした状況を踏まえ、JA木野側は増床工事を視野に入れている模様。

 良品計画は品質本位をモットーとする衣料や食品などを取り扱う「無印良品」を主軸に、国内外に約1100店舗を持つ。道内は14店舗。年商4961億7100万円(グループ連結営業収益、22年8月期)。東証プライムに上場。音更への出店に関し、同社は「現時点では何も決まっていない」としている。

 ハピオはJA木野の子会社。その南隣の旧ハピオガーデンには今月、有名コーヒーカンパニー監修による同JA直営カフェ「木野の森珈琲店」がオープンしており、無印という人気チェーンの進出で商業ゾーンとして魅力が増し、集客への相乗効果も期待されている。

 また、同国道沿いにはツルハドラッグの新店のほか、近くの複合商業施設「木野タウン」内には「マックスバリュ音更店」、「サツドラ音更木野タウン店」も今月相次ぎオープン。周辺には地場資本スーパーのダイイチやフクハラなど既存店も多数ひしめいている。

更新情報

うらほろスタイルの事業を樂舎に移管へ 浦幌町長ら明かす

紙面イメージ

紙面イメージ

2.8(水)の紙面

ダウンロード一括(82MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME