十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

50歳以上の藤丸従業員 88社が採用意向 帯商調査

 来年1月末で閉店する地元百貨店・藤丸の従業員を採用予定の企業は124社で、うち、全体割合の高い50歳以上を積極的に採用したいと考えているのは88社あることが、帯広商工会議所の追加影響調査で分かった。前回に比べ、採用予定は約3割(45社)減った。

 帯商は9月、藤丸閉店に関する影響調査を、会員など2114社を対象に実施。541社が回答した。98%が「地域経済に影響を与える」と閉店を不安視したほか、169社が閉店後の同社従業員の採用に前向きだった。さらに具体的な就職支援につなげようと、169社に対し、今月4~11日に再調査した。

 回答は129社で、うち採用意向なしが5社。予定業務としては営業・接客が65社、現場作業38社、内部管理29社など。雇用形態は86社が正社員だった。

 50歳以上の積極採用(88社)で見ると、接客・営業は全体から約3割減の44社、必要な資質や条件では「人物本位」が55社、「長続きすること」が51社だった。さらに「再就職前準備に職業訓練は不要」とした企業は75社に及んだ(いずれも複数回答)。

 閉店後の藤丸をめぐっては、地方創生ベンチャー・そら(帯広市)などを中心に、再建できないか水面下で検討している。今後の状況が流動的とはいえ、帯商では「楽観視できない数字。ハローワークなどあっせん機関と連携し、効果的な就職支援につなげたい」(三井真専務)とした。

 同結果は22日の帯商・経営開発委員会(徳井裕昭委員長)で示された。席上、藤丸の臼井一義管理部長と竹成仁史営業部長から、従業員の再就職あっせんへの動きが始まってきたことなども報告された。(佐藤いづみ)

更新情報

医療の仕事を学ぶ 歯科医や看護師、作業療法士が語る 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

11.28(月)の紙面

ダウンロード一括(100MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME