十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ホクレン十勝地区家畜市場が移転へ 国内最大規模に

ホクレン十勝地区家畜市場の移転が計画されている音更町音更西2線の農地

 【音更】ホクレンは、音更町音更西2線で運営している十勝地区家畜市場の移転新築を計画している。現在の建物は築三十数年たって老朽化しており、増加する市場の取引頭数に応じた規模に施設を拡充させる。近くの農地約9ヘクタールを取得し、2025年度の開業を予定。国内で最大規模の家畜市場になる見通しだ。

 現施設は、道東自動車道音更帯広インターチェンジ(IC)の北側にあり、十勝農協連の家畜共進会場「アグリアリーナ」が隣接している。移転先は同ICの南側で、パドックや牛舎、事務所などを新築し、堆肥舎などの施設も整備する。駐車場や通路の面積に4・6ヘクタールを確保。現在は農地として使っているが既に転用許可は下りており、早ければ今秋に土地の造成に入り、来年度に建築工事に着手する。事業費は約90億円。

画像をクリックすると拡大します。

 同市場では現在、乳牛と肉牛、馬の市場取引を行っている。全国から生産者らが買い付けに訪れ21年度の取引頭数は合計7万頭、取扱高は374億円に達する。道内7カ所あるホクレンの家畜市場では最も取扱高が多い。

 取引頭数の増加に伴い、1986年開業の施設は手狭になっていた。ホクレンでは、現施設も一部は活用しながら、市場規模の拡大に合わせて建て直すことにした。

 ホクレンは、規模や投資額は計画段階とし、「収容能力がオーバーになっており新規の建て替えを考えている。今は1000頭の受け入れだが、今後も増えていくので2800頭ぐらいまで預かれるようにしたい」(経営企画部)としている。
(安田義教、安藤有紀)

更新情報

乳神神社が鎮座40周年 浦幌で記念祭

紙面イメージ

紙面イメージ

9.24(土)の紙面

ダウンロード一括(56MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME