十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

管内の高校生が未来のまち論議 鹿追

事業目的の説明などに耳を傾ける高校生

 【鹿追】十勝管内の高校生を募り、鹿追町でまちの魅力の創造、発信に取り組む帯広青年会議所(JCI帯広、清信里樹理事長)の「十勝の未来デザインプロジェクト」が12日、鹿追町内で始まった。町の魅力発見、特産品開発、PR動画の製作などに取り組み、9月に魅力発信イベントの開催を計画している。(大井基寛通信員)

 同JCIの「もっと魅力溢(あふ)れるまち鹿追へ」を目標に、青少年による町づくりのモデル事業として実施。年間4回の活動を予定している。

 1回目のこの日は、町ピュアモルトクラブハウスで、事業全体の説明とマーケティングについて学ぶ全体会議が開かれた。

 応募した鹿追高校、音更高校、帯広大谷高校、帯広農業高校の4校から高校生計20人が参加した。清信理事長は「SDGs(持続可能な開発目標)を理解し、実践するのが目的。地域づくり、まちづくりは最初から答えがあるわけではない。自分で考え学び、失敗を恐れずに提案してほしい」とあいさつした。

 午後からは町役場、JA鹿追町、然別湖ネーチャーセンターの関係者が、それぞれの立場から「環境」「農業」「自然」について、鹿追町の現況と目標などを説明した。

 参加した高校生は「学校活動での視野を広げたい」「地域活性化を考え、実践する機会にしたい」などと参加した動機を話した。

 今後、参加者で「SDGsアクションカンパニー」を結成し、仲間とともに考え、「“バズる”まち」に向けたプロジェクトを実践する。

関連写真

  • あいさつする清信理事長

    あいさつする清信理事長

  • 管内の高校生が未来のまち論議 鹿追 3

    管内の高校生が未来のまち論議 鹿追 3

  • 「環境」「農業」「自然」の各分野で鹿追町の現況と目標などを開設する講師と説明を聞く高校生たち

    「環境」「農業」「自然」の各分野で鹿追町の現況と目標などを開設する講師と説明を聞く高校生たち

  • 管内の高校生が未来のまち論議 鹿追 5

    管内の高校生が未来のまち論議 鹿追 5

  • 管内の高校生が未来のまち論議 鹿追 6

    管内の高校生が未来のまち論議 鹿追 6

  • 管内の高校生が未来のまち論議 鹿追 7

    管内の高校生が未来のまち論議 鹿追 7

  • 管内の高校生が未来のまち論議 鹿追 8

    管内の高校生が未来のまち論議 鹿追 8

  • 管内の高校生が未来のまち論議 鹿追 9

    管内の高校生が未来のまち論議 鹿追 9

更新情報

遠景近景「白雲山から望む然別湖 上士幌」

紙面イメージ

紙面イメージ

8.13(土)の紙面

ダウンロード一括(88MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME