十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

かっぴー原作「ロケット漫画」始動 ISTなど全面協力

ウェブコミックの制作に当たり、かっぴー氏が寄せたメッセージ(インクルーシブ提供)

 【大樹】人気漫画「左ききのエレン」の作者“かっぴー氏”を迎え、ロケット開発をテーマにしたWEBTOON(韓国発のデジタルコミック)の開発プロジェクトが始動した。大樹町内のロケット開発企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)と、北海道スペースポート(HOSPO)を推進するスペースコタン(小田切義憲社長)が全面協力する。

 ISTやHOSPO構想に協力するインクルーシブ(東京)と同社の子会社が取り組む。ロケット開発を身近にするのが目的。今年秋の公開を予定している。16日、ISTとスペースコタンを通じて公表した。

 かっぴー氏は「左ききのエレン」「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」などで知られる人気漫画家。「左きき-」はテレビドラマ化もされた。プロジェクトではISTや大樹の取り組みをモデルに、民間ロケットで宇宙に到達するまでの波瀾(はらん)万丈の物語を漫画化する。

 かっぴー氏は「宇宙開発はお仕事漫画の題材として最高難度の『ラスボス』。取材して、事実に基づく原作が書けたら」とのメッセージを寄せた。

 IST創業者の堀江貴文さんは「宇宙飛行士を支える無数の人々に光を当てたい-と思っていた。技術者たちの物語が生まれることになり期待している」とのコメントを出した。
(能勢雄太郎)

更新情報

新得の加地さん、最高位の名人に 全国そば打ち大会

紙面イメージ

紙面イメージ

12.9(金)の紙面

ダウンロード一括(107MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME