十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

雨の日も雪の日も、ごみ拾い続け3年 幕別の栗生さん

栗生さんはクリスマスの時期はサンタクロースの衣装を着てごみを拾った

 【幕別】幕別町札内の栗生政美さん(71)は、札内清柳大橋からリバーサイド幕別工業団地(札内みずほ町)付近の清掃活動を3年間続けている。雨の日も雪の日も、週2回ほどのペースでごみを拾い、「元気なうちは今のように1人で続けたい」(栗生さん)と意欲を見せている。

 栗生さんは足寄町出身。足寄小、足寄中卒業後、帯広市内を中心にさまざまな職に就き、20代後半から岩谷産業(東京都・大阪府本社)の関連会社でプロパンガスの点検業務などを担当。2018年に退職した。

 清掃活動は19年、散歩ついでに始めたのがきっかけ。清柳大橋から幕別工業団地にかけては、大型トラックの往来も多い道路。「落ちているごみが気になって拾い始めた」という。

 落ちているごみはたばこや酒缶、マスクなどさまざま。冬場は雪に隠れて拾えるごみの量が減るが、12月でも70リットルのごみ袋が2~3袋になる。始めた当初は、拾っても拾っても捨てられているごみを目の当たりにし、「なぜ自分が出したごみを自分で片付けないのか」と憤りを感じた。

 そんな中でも、地域住民らが「ご苦労さん」と声を掛けてくれることが力になった。いつしか「自分が拾わないともっと汚くなる」という使命感にも似た思いで活動するようになっていた。クリスマスの時期にサンタクロースの衣装に身を包みごみを拾うと、声を掛けられる回数も増えた。

 栗生さんは「自分は何の取りえもないので偉そうなことは言えない。でも当たり前のこととして、自分で出したごみは自分で正しい場所に捨ててほしい」と訴える。(本田龍之介)

関連写真

  • 栗生さんはクリスマスの時期はサンタクロースの衣装を着てごみを拾った

    栗生さんはクリスマスの時期はサンタクロースの衣装を着てごみを拾った

更新情報

ジャガイモ早1日に 前回より生育鈍る 大豆や小豆、着莢数多く 15日現在の作況

紙面イメージ

紙面イメージ

8.19(金)の紙面

ダウンロード一括(128MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME