十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

物販・研究施設建設へ 札内店横 新ブランドにらむ 平和園

 【幕別】焼き肉の「平和園」(帯広市、新田隆教社長)は、札内店(町札内西町93)横の自社敷地内に食品加工機能を備えた「物販研究施設」を建設し、製造直販事業を新たに始める。十勝・道産素材を使った総菜やギフト、手土産品などを新たなブランドで開発して店頭販売などを計画。来年夏の開業を目指している。

 拠点となる場所は札内店の南側。施設は平屋建て約360平方メートルで、食肉加工室や製造室、漬物室、梱包(こんぽう)発送室、直販店舗スペースなどを設ける。11月18日に着工した。事業費は約2億円。

 新事業の狙いについて、新田社長はコロナ禍でのマーケットの変化を挙げる。同社が、昨年本格的に始めた味付け肉パックの出荷は月3000パック以上。「外食が当たり前ではない状況は今後も定着する地域」とみる。また、「食の宝庫である十勝・北海道の1次産品に、より付加価値を付けることに地元企業として挑戦したかった。『食を通じ、地域に貢献する』という企業理念にもつながる」とも説明する。

 2月に社内プロジェクトチームが発足。広報担当の西山雄貴さんを専従とし、事業概要などを検討。すでに新商品・メニューもいくつか試作を進めている段階。新ブランドとしての展開を予定で、国の事業再構築補助金にも採択された。

 同社は1959年創業、十勝や札幌に焼き肉レストランを計9店展開。昨年はネット通販なども始めた。新田社長は「焼き肉店の経営も創業から10年間は苦しかったと聞く。平和園にとっては大きなチャレンジ。トライ&エラーを恐れず、長期を見据え、いい意味で平和園の枠を超え、新たな食文化を育てたい」と話している。(佐藤いづみ)

更新情報

足寄町出身・清水美穂出場の北海道は23位 都道府県対抗女子駅伝

紙面イメージ

紙面イメージ

1.16(日)の紙面

ダウンロード一括(55MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME