十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

乗馬に笑顔 畜大の馬係留施設CFで完成

CFで目標を超える寄付が集まり、整備された新しい馬係留施設(13日午前10時ごろ、帯広畜産大学で、金野和彦撮影)

 帯広畜産大学が老朽化した馬係留施設(つなぎ場)の更新に向けて実施したクラウドファンディング(CF)は目標額を超える寄付額が集まり、新しい施設が13日、お披露目された。

 同大は子どもや高齢者、障害者ら誰もがポニーと触れ合える「人と馬の絆プロジェクト」に取り組んでいる。活動費用はほとんど大学が負担し経費が限られる中、馬や人の安全確保のために施設の改修へCFを実施した。

 つなぎ場はポニーの手入れや乗馬の準備の際に使う場所。15年ほど前に手作りされた現施設は雨漏りがしたり、水はけが悪く、冬は地面が凍結して危険だった。

シラカバ並木を見ながら乗馬を楽しむ参加者(同45分ごろ、帯広畜産大学で、金野和彦撮影)

 新施設は構内の馬場の南側に建設。幅10メートル、奥行き3メートルで、馬6頭をつなげる。障害者用の駐車場2台分も整備した。CFは昨年11月から12月に行い、目標の300万円を上回る370万円が寄せられた。総事業費は約1000万円。

 13日は午前10時から、帯広市と同大の連携事業の障害者乗馬が行われた。自閉症で5年以上、乗馬を続けている久保柚琉(ゆずる)さん(15)の父和昌さん(44)=帯広=は「(乗馬で)体の動きが良くなった気がする。(新しいつなぎ場は)いきなり走ったりするお子さんもいるので、安心ですね」と話した。

 同大馬介在活動室の南保泰雄室長は「コロナ禍で活動が制限される中、多くの支援を頂き、うれしくありがたい。障害者や健常者の皆さんの笑顔がたくさん生まれる場所になれば」と期待していた。(澤村真理子)

関連写真

  • 乗馬を楽しむ子ども(13日、午前10時40分ごろ。帯広畜産大学構内)

    乗馬を楽しむ子ども(13日、午前10時40分ごろ。帯広畜産大学構内)

  • 乗馬を楽しむ子ども(13日、午前10時40分ごろ。帯広畜産大学構内)

    乗馬を楽しむ子ども(13日、午前10時40分ごろ。帯広畜産大学構内)

  • 完成した馬の係留場(13日、午前10時ごろ。帯広畜産大学)

    完成した馬の係留場(13日、午前10時ごろ。帯広畜産大学)

  • 完成した馬の係留場(13日、午前10時ごろ。帯広畜産大学)

    完成した馬の係留場(13日、午前10時ごろ。帯広畜産大学)

  • シラカバ並木を見ながら乗馬を楽しむ参加者(13日午前10時45分ごろ、帯広畜産大学構内)

    シラカバ並木を見ながら乗馬を楽しむ参加者(13日午前10時45分ごろ、帯広畜産大学構内)

更新情報

ワーホリ参加者が浜の母さんの味堪能 広尾

紙面イメージ

紙面イメージ

10.22(金)の紙面

ダウンロード一括(113MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME