十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

10億円で「ロケット打ち上げ」 CFで宇宙のまちづくり 大樹町など連携協定

会見に参加した(左から)家入社長、小田切社長、ISTの堀江貴文ファウンダー、スペースコタンの大出大輔COO

 【東京】大樹町内で宇宙港「北海道スペースポート(HOSPO)」整備を進める大樹町とスペースコタン(大樹)は4日、クラウドファンディング(CF)サービス提供のキャンプファイヤー(東京)とパートナーシップ協定を結んだと発表した。CFを活用し、地域活性化と宇宙のまちづくりを推進する。第1弾として、HOSPOのPR活動に活用する資金を募っている。

 同日に都内で会見を開いて発表した。地域活性化や航空宇宙関連事業に取り組む地域事業者らを対象に、CFを活用したテストマーケティングやPR、資金調達を支援する。協定締結は1日。

 第1弾のプロジェクト名称は「北海道スペースポートHOSPO LC-1クルーとして共に宇宙を目指そう!」。実行者はHOSPOの企画・営業・運営を担うスペースコタンで、目標額は1000万円。新たなロケット射場(LC-1)整備に向け、同町は企業版ふるさと納税で資金を集めていて、そのPRなどHOSPO関連事業に充てる。期間は11月30日まで。

 支援者へのリターンは、射場への名前掲載(10万円)、LC-1竣工(しゅんこう)式でのテープカット参加権(100万円)などを用意。最高額の10億円は、インターステラテクノロジズ(大樹、IST)のロケット「ZERO」の打ち上げ権利がもらえる。

 会見で、スペースコタンの小田切義憲社長は「いろいろなプロジェクトを設定し、『宇宙のまち』を広げる取り組みの一助にしたい」と期待した。

 キャンプファイヤーの家入一真社長は「支援することでプロジェクトの仲間や当事者になってもらう仕組みとして、CFを使ってほしい」と話した。(池谷智仁)

関連写真

  • 協定を締結した(右から)小田切社長と家入社長

    協定を締結した(右から)小田切社長と家入社長

更新情報

糠平温泉ホテルがリニューアルオープン 上士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

12.8(水)の紙面

ダウンロード一括(79MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME