十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

農村地区「婚活」のキューピットに JA帯広かわにしと帯広信金が協定

後継者対策で連携協定を結んだ有塚組合長と高橋理事長(左から。6日午前10時、助川かおる撮影)

 JA帯広かわにし(有塚利宣組合長)と帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は6日、後継者対策に関する連携協定を締結した。帯広信金の結婚相談事業「おびしんキューピット」を活用し、組合員の「婚活」を支援する。有塚組合長は「人生で一番大切なパートナーを求める組合員らの背中を押し、後継者の育成と強い農業づくりを進めたい」と話している。

 新型コロナウイルスの影響で各種会合が制限され、若手農業者が異性と出会う機会が著しく減少。そこで「おびしんキューピット」に注目し、結婚したいが出会いの場がない農業青年に、JAとして「縁を取り持つ場」を提供する。

 「おびしんキューピット」は会員制で、プロフィル、結婚相手の希望条件、写真などを登録すると、見合いがセッティングされる。JA帯広かわにしは1日付で後継者対策専任職員を配置、広報誌などで事業の周知を図る。

 同日、JA帯広かわにしの本所で協定締結式が開かれ、有塚組合長と高橋理事長が協定書を取り交わした。

 帯広信金はこれまで、管内9町と婚活に関わる協定を締結しており、JAと単独で結ぶのは初めて。高橋理事長は「一組でも多くのカップルが誕生し、川西地区の農業の発展につながれば」と話した。

 「おびしんキューピット」は現在390人(男性172人、女性218人)が登録。男性会員の19%が農業者。8月末現在、29組が結婚し、このうち農業者のカップルは4組となっている。(松岡秀宜)

関連動画

  • 農村地区の「婚活」連携 JA帯広かわにしと帯広信金が協定

関連写真

  • 農村地区の「婚活」で連携 JA帯広かわにしと帯広信金が協定 2

    農村地区の「婚活」で連携 JA帯広かわにしと帯広信金が協定 2

  • 農村地区の「婚活」で連携 JA帯広かわにしと帯広信金が協定 3

    農村地区の「婚活」で連携 JA帯広かわにしと帯広信金が協定 3

  • 「後継者対策事業連携」に関する協定書に署名する(左から)有塚組合長、高橋理事長(6日午前10時、助川かおる撮影)

    「後継者対策事業連携」に関する協定書に署名する(左から)有塚組合長、高橋理事長(6日午前10時、助川かおる撮影)

  • 農村地区の「婚活」で連携 JA帯広かわにしと帯広信金が協定 5

    農村地区の「婚活」で連携 JA帯広かわにしと帯広信金が協定 5

  • 「後継者対策事業連携」に関する協定書を手にする(左から)有塚組合長、高橋理事長(6日午前10時、助川かおる撮影)

    「後継者対策事業連携」に関する協定書を手にする(左から)有塚組合長、高橋理事長(6日午前10時、助川かおる撮影)

  • 農村地区の「婚活」で連携 JA帯広かわにしと帯広信金が協定 7

    農村地区の「婚活」で連携 JA帯広かわにしと帯広信金が協定 7

  • 農村地区の「婚活」で連携 JA帯広かわにしと帯広信金が協定 8

    農村地区の「婚活」で連携 JA帯広かわにしと帯広信金が協定 8

更新情報

内野清雅(帯広徹心館・帯四中3年)全道V、道スポーツ少年団剣道交流大会中学男子個人戦

紙面イメージ

紙面イメージ

12.2(木)の紙面

ダウンロード一括(102MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME