十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

スペースポート企業版ふるさと納税で10社に感謝状 大樹

感謝状贈呈式の出席者(左から佐々木社長、羽刕社長、西江社長、萩原社長、唐渡代表、酒森町長、河原専務、川田社長、奥原社長、小松社長)

 【大樹】大樹町は12日、民間宇宙港「北海道スペースポート(HOSPO)」の整備資金を寄付した管内外の企業に対し、感謝状を贈呈した。贈呈式は、町多目的航空公園の滑走路上で開かれた。

 HOSPOのプロジェクトは4月から町内で本格始動。新しいロケット発射場整備や滑走路延伸を2023年度までに行う。費用は約10億円を想定、5億円を国の交付金、残る5億円は企業版ふるさと納税などを通じて年末までに集める。

 同納税での寄付は6月末現在、14社・計1億9850万円に達している。

 贈呈式に参加したのは、エア・ウォーター北海道(唐渡有代表)、宮坂建設工業(河原勝男専務)、萩原建設工業(萩原一利社長)、川田工業・カルテック(川田章博社長)、西江建設(西江靖幸社長)、奥原商会(奥原宏社長)、釧路製作所(羽刕洋社長)、ALSOK北海道(小松裕社長)、サンケミ(佐々木久利社長)の10社=かっこ内は贈呈式出席者=。

 酒森正人町長が出席者一人ひとりに感謝状を手渡し、「大きな支援に感謝したい。射場整備へ意を強くした」とあいさつした。出席者は「地元でスペースポート整備が成功することを願っている」などとエールを送っていた。十勝毎日新聞社、竹川会計事務所、partyfactoryなど4社には後日、感謝状を贈呈する。(松村智裕)

関連写真

  • 感謝状を受け取る萩原社長

    感謝状を受け取る萩原社長

  • 感謝状を受け取る佐々木社長

    感謝状を受け取る佐々木社長

  • 感謝状を受け取る羽刕社長

    感謝状を受け取る羽刕社長

  • 感謝状を受け取る奥原社長

    感謝状を受け取る奥原社長

  • 感謝状を受け取る河原専務

    感謝状を受け取る河原専務

  • 感謝状を受け取る西江社長

    感謝状を受け取る西江社長

  • 感謝状を受け取る小松社長

    感謝状を受け取る小松社長

  • 感謝状を受け取る唐渡代表

    感謝状を受け取る唐渡代表

  • 感謝状を受け取る川田社長

    感謝状を受け取る川田社長

更新情報

札幌の中学生から感謝のメッセージ 修学旅行先の新得町に

紙面イメージ

紙面イメージ

9.16(木)の紙面

ダウンロード一括(124MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME