十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

高等養護学校のオリジナルブレンドコーヒー 25日に販売 中札内

完成したコーヒー豆を受け取った松本さん(左)と生徒が手作りしたトレーを手にする森田さん

 【中札内】中札内高等養護学校(平井孝和校長)の普通科は、村内でコーヒー豆の焙煎(ばいせん)や販売を行う「May Coffee」と共同でオリジナルブレンドコーヒーをつくった。生徒が保護者らから好みを聞いて香りなどを選んだ一品。25日には道の駅なかさつないで販売を予定している。

 同校は2020年度に普通科を新設。授業の中でコーヒーのドリップや豆のひき方なども学んでいる。今年度は生徒がMay Coffeeを見学。同店の森田美紀さんがコラボレーションを提案し実現した。

 生徒たちは保護者や教職員にアンケートを取り、コーヒーの味や香りの好みを調査。それを基に森田さんがブレンドし焙煎して、フレッシュな香りとチョコレートのようなコクがあるコーヒーに仕上げた。

 9日に普通科の松本愁也さん(2年)が完成したコーヒー豆を受け取った。松本さんはカフェに関係する仕事に興味があるといい、「仕事の様子をいろいろ見学させてもらった。焙煎時間を小まめに研究していてすごい。自分が手掛けた商品ができてうれしい」と話した。

 同科からはお礼として、同店のロゴマークが入ったカフェトレーを贈った。森田さんは「地域の子どもたちと関われてうれしい。トレーは大切に使います」と話している。

 道の駅なかさつないでの販売会は、25日午前10時半から約1時間。コーヒー豆50グラム(370円)と1杯分のドリップタイプ(150円)を販売する。(細谷敦生)

更新情報

真っ赤なリンゴたわわに、松下リンゴ果樹園で収穫盛ん 芽室

紙面イメージ

紙面イメージ

9.25(土)の紙面

ダウンロード一括(105MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME