十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

羽田空港で十勝体感、デジタル森林浴が登場 どさんこプラザ

十勝の森や牧場などの映像が投影されている店内

 【東京】北海道公式のアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」羽田空港店が10日、オープンした。浦幌町のIT企業「フォレストデジタル」(辻木勇二代表取締役CEO)のデジタル森林浴空間が常設され、映像を通して十勝を体感できる。

 第1ターミナルビル2階出発ロビー(Cゲート前)に出店。道が設置し、日本空港ビルデングと札幌丸井三越が共同運営する。1階は物販スペース、2階にはアイヌ文化や道内観光情報発信コーナーと飲食スペースを設けた。

 高精細立体映像を使ったデジタル森林浴空間「うららパークハネダ」は、2階で展開。森林や乳牛の放牧風景、ジュエリーアイスなど十勝の四季の映像を壁面2カ所に投影している。壁面1カ所の大きさは横2・4メートル、縦1・3メートル。鳥のさえずりや川のせせらぎの音も流れ、十勝にいるかのような雰囲気を味わえる。

羽田空港にオープンした「どさんこプラザ」

 辻木CEOは「ストレスを減らす癒やしの場になりたい。十勝の魅力を体感し、現地に行ってみたいと思ってほしい」と話す。デジタル森林浴空間の常設展示は浦幌に次いで2カ所目。

 物販スペースでは十勝の菓子やチーズ、ワインなどを含め、常時800~900商品を販売する。どさんこプラザは国内10店舗目で、道産商品の販路拡大を支援する。道食産業振興課の林優香課長は「羽田空港は日本のゲートウェイ(玄関口)。北海道の魅力を発信する絶好のチャンス」と期待する。(池谷智仁)

関連写真

  • 十勝の森や牧場などの映像が投影される店内

    十勝の森や牧場などの映像が投影される店内

  • 羽田空港にオープンした「どさんこプラザ」

    羽田空港にオープンした「どさんこプラザ」

  • 販売されている十勝の商品

    販売されている十勝の商品

  • 販売されている十勝の商品

    販売されている十勝の商品

  • 販売されている十勝の商品

    販売されている十勝の商品

  • 販売されている十勝の商品

    販売されている十勝の商品

更新情報

冬の糠平湖観光で混雑する五の沢駐車場を拡張 上士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

6.20(日)の紙面

ダウンロード一括(57MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME