十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

余剰豆乳で新商品限定、中田食品「あったらラッキー!?」

 十勝産大豆での豆腐づくりにこだわる中田食品(帯広市、貴戸武利社長)は、製造過程で発生する余剰豆乳を使った新商品の充填(じゅうてん)豆腐「ちょびきぬ」を3日から、音更町のスーパー・ハピオ木野で販売する=写真。

 同社はカップ豆腐の製造時、十勝産とよまさり100%の豆乳が週10リットルほど発生していたが、製造装置の特性上、他の製品での活用が難しく、長年、全量廃棄していた。今年に入り、取引があるハピオと共同で商品化を進めてきた。

 貴戸社長によると、使用豆乳の濃度は12%で市販の充填豆腐で使用する豆乳より濃いめという。90グラム・3個入り1袋149円。販売数量も1回で15~30袋と少なく、販売日も不定期。貴戸社長は「こだわり原料で一つも廃棄したくない気持ちから生まれた商品。あればラッキーくらいの温かな気持ちで購入を」と控えめにPR-。(佐藤いづみ)

関連写真

  • 余剰豆乳で新商品限定、中田食品「あったらラッキー!?」 2

    余剰豆乳で新商品限定、中田食品「あったらラッキー!?」 2

  • 余剰豆乳で新商品限定、中田食品「あったらラッキー!?」 3

    余剰豆乳で新商品限定、中田食品「あったらラッキー!?」 3

更新情報

酪農アーティスト下山さん30日に版画教室 アトリエ実現へ一歩 大樹

紙面イメージ

紙面イメージ

5.16(日)の紙面

ダウンロード一括(55MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME