十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

新1年生初めての給食 「黙食」でも笑顔

初めての給食で、大きなパンをうれしそうにかぶりつく新1年生(15日正午ごろ。帯広開西小で。金野和彦撮影)

 帯広市内の小学校で15日、4月に入学した1年生の給食が始まった。教諭が新型コロナウイルスの感染対策を指導する中、児童は笑顔で給食を頬張った。

 開西小(和田尚史校長、児童241人)は今月、32人の1年生が入学。15日は他の学年より早く給食の準備を始め、1年生は手洗いの後、エプロン、三角巾を初めて身に着けた。担任教諭が「マスクを外した後は、しゃべらないで食べて」と指導した。

 この日の献立はポークシチューとパン、焼いたバジル風味の鶏肉、ダイコンやトウモロコシなどを使ったマリネの4品。教諭が1人ずつに盛り付けて給食が児童に行き届くと、「いただきます」とあいさつして一斉に食べ始めた。

 机を向かい合わせることなく、静かに食べ進める中、初めての給食に笑顔を浮かべる児童も。西山凛乃(りの)さんは「シチューがとてもおいしかった。これからの給食も楽しみ」と喜んでいた。(深津慶太)

関連写真

  • 新一年生が初給食(帯広開西小学校で。金野和彦撮影)

    新一年生が初給食(帯広開西小学校で。金野和彦撮影)

  • 新一年生が初給食(帯広開西小学校で。金野和彦撮影)

    新一年生が初給食(帯広開西小学校で。金野和彦撮影)

  • 新一年生が初給食(帯広開西小学校で。金野和彦撮影)

    新一年生が初給食(帯広開西小学校で。金野和彦撮影)

  • 新一年生が初給食(帯広開西小学校で。金野和彦撮影)

    新一年生が初給食(帯広開西小学校で。金野和彦撮影)

  • 新一年生が初給食(帯広開西小学校で。金野和彦撮影)

    新一年生が初給食(帯広開西小学校で。金野和彦撮影)

  • 新一年生が初給食(帯広開西小学校で。金野和彦撮影)

    新一年生が初給食(帯広開西小学校で。金野和彦撮影)

更新情報

7羽のマガモの子すくすく 自由ケ丘温泉

紙面イメージ

紙面イメージ

5.18(火)の紙面

ダウンロード一括(74MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME