十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

春作業が本番、管内農機メーカーで出荷がピーク

シーズンの始まりを受け、出荷がピークを迎えている農業機械(6日、足寄町の日農機製工。金野和彦撮影)

 農作業シーズンの始まりを受け、管内の農業機械メーカーでは、作業機の出荷がピークを迎えている。

 エア・ウォーターグループの日農機製工(足寄町)の製品置き場には、主力製品の高精度多機能カルチベーター(除草機)がずらりと待機。6日も、完成した農機が次々と製品置き場に運ばれた。

 管内を中心に全道各地から受注。出荷作業は3月下旬にスタートし、5月まで続く。今年は約300台の販売を見込む。施肥・は種機、ポテトプランターの出荷も農作業が始まる4月下旬に向けて、最盛期を迎えている。

 管内のJA取扱高は昨年、過去2番目の3456億円を記録。機械化が十勝農業の生産性を向上させてきた。グループ会社で販売部門を担当する日農機(音更町)は「農機の販売を通じて引き続き、十勝農業に貢献したい」としている。(松岡秀宜)

関連写真

  • ピークを迎えた農機具の出荷(6日、足寄町の日農機製工で。金野和彦撮影)

    ピークを迎えた農機具の出荷(6日、足寄町の日農機製工で。金野和彦撮影)

  • ピークを迎えた農機具の出荷(6日、足寄町の日農機製工で。金野和彦撮影)

    ピークを迎えた農機具の出荷(6日、足寄町の日農機製工で。金野和彦撮影)

  • 農作業シーズンの始まりを受け、ピークを迎えた農機具の出荷(6日、足寄町の日農機製工。金野和彦撮影)

    農作業シーズンの始まりを受け、ピークを迎えた農機具の出荷(6日、足寄町の日農機製工。金野和彦撮影)

  • 農作業シーズンの始まりを受け、ピークを迎えた農機具の出荷(6日、足寄町の日農機製工。金野和彦撮影)

    農作業シーズンの始まりを受け、ピークを迎えた農機具の出荷(6日、足寄町の日農機製工。金野和彦撮影)

  • ピークを迎えた農機具の出荷(6日、足寄町の日農機製工で。金野和彦撮影)

    ピークを迎えた農機具の出荷(6日、足寄町の日農機製工で。金野和彦撮影)

更新情報

根室本線存続求める会が意見交換会 新得

紙面イメージ

紙面イメージ

4.17(土)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME