十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ビート苗作り始動 4月移植へ

管内で始まったビートの苗作り作業(27日午前10時15分ごろ、中札内村の鎌田農園で。助川かおる通信員撮影)

 【中札内】管内の農家で砂糖原料のビートの苗作りが始まっている。ハウス内で生育した後、4月中旬ごろに畑に移植する。畑に直接種をまく「直播(ちょくはん)」に比べ労力がかかるが、風害に強く安定生産できるメリットがある。

 中札内村の鎌田農園では27日午前7時半に作業を始め、あすまでに75万6000本の苗を作る予定。この日は鎌田和志代表(45)夫妻や鎌田代表の両親、子どもたちの家族7人、パートも含め10人体制で、専用の紙筒に種をまいたり、土をかぶせる作業を行ったりした。

 ハウスで育て、4月20日には畑に移植する。鎌田代表は「今年は秋らしく厳しい天候になって、糖度が高くなってほしい」と話していた。

 管内の昨年のビート生産量は171万トンで、全道の約44%を占める。高齢化や人手不足が進む中で、直播で生産する農家も増えており(十勝は20年産で約4ポイント増の35・6%)、鎌田農園でもビート作付けのうち3分の1ほどを直播で生産する。(中島佑斗)

【10秒動画】ビート苗作り始動 4月移植へ

関連写真

  • 管内で始まったビートの苗作り作業。鎌田農園では家族総出で作業にあたった(27日午前10時半ごろ、助川かおる通信員撮影)

    管内で始まったビートの苗作り作業。鎌田農園では家族総出で作業にあたった(27日午前10時半ごろ、助川かおる通信員撮影)

  • 管内で始まったビートの苗作り作業(27日午前10時20分ごろ、助川かおる通信員撮影)

    管内で始まったビートの苗作り作業(27日午前10時20分ごろ、助川かおる通信員撮影)

  • 管内で始まったビートの苗作り作業(27日午前10時15分ごろ、中札内村の鎌田農園で。助川かおる通信員撮影)

    管内で始まったビートの苗作り作業(27日午前10時15分ごろ、中札内村の鎌田農園で。助川かおる通信員撮影)

  • ビート苗作り始動 4月移植へ 5

    ビート苗作り始動 4月移植へ 5

更新情報

新1年生初めての給食 「黙食」でも笑顔

紙面イメージ

紙面イメージ

4.15(木)の紙面

ダウンロード一括(118MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME