十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

銀座に浦幌の森登場 デジタル森林浴

浦幌の森などを体感できる「うららパーク銀座」

 【東京】高精細立体映像を使ったデジタル森林浴空間「うららパーク銀座」が11日、都内の銀座アートホールに登場した。浦幌町の森の映像や音、木々の香りが空間を包み、参加者は都心で十勝を体感した。

 浦幌のIT企業「フォレストデジタル」(辻木勇二代表取締役CEO)が、14日までの期間限定で開設した。同社は常設施設の「うららパーク浦幌」で、没入型のデジタル森林浴を提供している。

 常設施設以外での実施は初。58平方メートルの部屋を使い、正面と左右の壁、天井の4面に十勝の映像を投影。森や小麦畑、ジュエリーアイスなどの風景に合わせ、鳥のさえずりや風の音、トドマツやキタコブシの香りが漂い、参加者は癒やしを感じていた。

 辻木CEOは「都会にいながら自然を体験し、うららかな時間を過ごしてほしい。十勝を知り、デジタルで体験した場所を訪れるきっかけになれば」と話した。

 完全予約制で、早い段階で満席となった。同社は今後、高齢者施設や病院などでサービスを提供する考え。(池谷智仁)

関連写真

  • 浦幌の森などを体感できる「うららパーク銀座」

    浦幌の森などを体感できる「うららパーク銀座」

  • 菜の花

    菜の花

更新情報

余剰熱利用マンゴーが好調 鹿追

紙面イメージ

紙面イメージ

2.25(木)の紙面

ダウンロード一括(113MB) WEBビューア※モバイル向け Flashビューア※Flash Pleyer

日別記事一覧

前の月 2021年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME