十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

子ども食堂「出前」で WEWとかち 高堂建設が協力

WEWとかちのメンバーから「子どもエール弁当」を受け取る子ども。エビフライなどの好物がたっぷり詰まっている

 帯広市で子ども食堂を開く市民団体「WEW(ウィー)とかち」(若菜順代表)が、活動を弁当の無料配布に切り替えて続けている。市内の建設会社「高堂建設」(高堂匠美社長)の協力で実現した。新型コロナウイルスの影響で学校の休校が続く30日まで日曜を除く毎日行う予定で、「こんな時だからこそ、昼食を楽しみにしてほしい」と願いを込める。

 ウィーとかちは、家と学校以外の第3の居場所づくりを目指し、2016年から月1回、無料で食事を提供する「おびひろ子ども食堂」を開催。だが、学校の休校に伴い、3月から休止している。

 弁当は、以前から子ども食堂の存在を気に掛けていた高堂社長が、「地域の若い人を応援したい」との思いから提供を申し出た。市内の飲食店「ふじもり」に注文し、子どもの好物を中心にしたメニューで、「子どもエール弁当」と名付けられた。ウィーとかちのメンバーが、気分転換や不安になったときの対処法を書いたメッセージカードを添えて、7日から子ども食堂の会場(西18南4ノ30ノ15)で手渡している。

 8日のメニューはオムライスに、エビフライやミニハンバーグ、桜餅などが付いた二段重ね弁当。フェイスブックで配布を知り、めいを含む子ども4人分を受け取りに来た市内の母親(45)は「休校中は自宅で勤務しているが、朝昼兼用の食事はパンやカップ麺に頼りがち。こんなに栄養バランスの取れた食事は久しぶり」と感謝した。

 若菜代表は「食事だけでなく、お母さんがここで話をして、息抜きの場になれば」と話す。

 弁当は1日限定15食で、受け取りは午前11時10分から正午ごろまで。要予約。申し込みはウィーとかち(wewtokachi@yahoo.co.jp)へ。(高田晃太郎)

更新情報

十勝ブルースターズ60が管内勢過去最高の準V、同70は4位 アイスホッケー全日本オールドタイマー大会

紙面イメージ

紙面イメージ

4.16(火)の紙面

ダウンロード一括(75MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME