十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

JAXAがエアロスペーススクール開催 大樹

格納庫内でJAXAの吉田氏(左)から説明を受ける高校生

 【大樹】全国の高校生が航空宇宙分野の知見を広げる体験プログラム「エアロスペーススクール」が23日、町多目的航空公園などで始まった。宇宙航空研究開発機構(JAXA)と大樹町が共催し、高校生20人が26日までの4日間、講義や実習を通じて航空宇宙の最新事情を学ぶ。

 JAXAが、施設のある全国5カ所で夏休み期間中に開催。大樹では2015年に始まり、17年からは町が共催している。今回は関東や関西、九州など各地の高校生と地元の大樹高3年の家常公熙さん(17)が参加した。

 初日は同公園内にある大樹航空宇宙実験場の大気球指令管制棟で、JAXA大気球実験グループの吉田哲也グループ長が大気球実験について講義。大樹で2008年度から計31基を放球していることや微小重力実験、極限微生物の捕獲などの実験目的を説明した。高校生は同棟や隣接する格納庫の内部なども見学。町職員から、大樹が約35年間取り組んでいる宇宙のまちづくりについて説明を受けた。

 早稲田実業高1年の濵嶋彩加さん(15)は「宇宙に前から興味があった。このスクールで視野を広げたい」と意欲を語り、家常さんは「改めて大樹の取り組みを学び、参加者と交流を深めたい」と話した。

 大樹ならでのは体験活動として、インターステラテクノロジズ(IST)の工場、射場の見学やロボット農機による実習なども盛り込まれている。(松村智裕)

関連写真

  • 格納庫内でJAXAの吉田氏(左手前)から説明を受ける高校生

    格納庫内でJAXAの吉田氏(左手前)から説明を受ける高校生

  • 大気球で使用されている極薄のポリエチレンフィルムに触れる高校生

    大気球で使用されている極薄のポリエチレンフィルムに触れる高校生

  • 大気球指令管制棟でJAXAの吉田氏(右)から説明を受ける高校生

    大気球指令管制棟でJAXAの吉田氏(右)から説明を受ける高校生

  • 大気球実験について講義を受ける高校生

    大気球実験について講義を受ける高校生

  • 格納庫内で記念撮影をする高校生ら

    格納庫内で記念撮影をする高校生ら

  • 町職員(左)の講義を聞く高校生

    町職員(左)の講義を聞く高校生

更新情報

新得の加地さん、最高位の名人に 全国そば打ち大会

紙面イメージ

紙面イメージ

12.9(金)の紙面

ダウンロード一括(107MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME