十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

5年ぶり復活「市場まつり」、特製海鮮丼やマグロ解体人気、帯広

解体されたばかりの本マグロの切り身を買い求める来場者ら(26日午前9時25分ごろ)

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で26日、「市場まつり」が開催された。5年ぶりの復活で、300食限定の「特製海鮮丼」や、生マグロの解体実演販売などを目当てに多くの人でにぎわった。

 同市場と同市場買受人組合(黒川義雄組合長、69人)の主催。「十勝の台所」と言われる市場を身近に感じてもらおうと、2001年から続けてきたが、「マンネリ化」などを理由に13年を最後に休止していた。

 今年の目玉である海鮮丼は午前9時から引換券が配布されたが、早朝から人が並び、即時完売だった。同時間に始まった生マグロ解体では約120キロの長崎の蓄養本マグロ2本が用意され、職員らが専用包丁で華麗な手つきでさばく姿を、来場者らは競り台の上から見た。

 マグロは柵取り状態にパック詰めされ、「市場価格の半値以下」で売られ、30分ほどで完売した。解体を家族5人で見学した新得町の保育園児友定麗衣ちゃん(5)は「大きくてびっくりした」と話していた。

 管内JAによる葉物野菜などの安値販売が人気だったほか、帯広物産協会会員事業所がスイーツや海鮮丼、ステーキなどを販売。中央の飲食スペースも混み合っていた。

 同市場によると、休止前に比べ人入りはかなり多かった。高橋社長は「地域の人に支えられ商売できていることに感謝。市場の役割、存在を多くの人に知ってほしい」、黒川組合長は「準備は大変だったが喜んでもらい、やって良かった」と笑顔だった。(佐藤いづみ)

関連動画

  • 5年ぶり復活「市場まつり」、特製海鮮丼やマグロ解体人気、帯広

関連写真

  • 海鮮丼販売

    海鮮丼販売

  • 5年ぶり復活「市場まつり」、特製海鮮丼やマグロ解体人気、帯広 3

    5年ぶり復活「市場まつり」、特製海鮮丼やマグロ解体人気、帯広 3

  • 5年ぶり復活「市場まつり」、特製海鮮丼やマグロ解体人気、帯広 4

    5年ぶり復活「市場まつり」、特製海鮮丼やマグロ解体人気、帯広 4

  • 5年ぶり復活「市場まつり」、特製海鮮丼やマグロ解体人気、帯広 5

    5年ぶり復活「市場まつり」、特製海鮮丼やマグロ解体人気、帯広 5

  • 5年ぶりのイベント復活を喜ぶ右から高橋社長と黒川組合長

    5年ぶりのイベント復活を喜ぶ右から高橋社長と黒川組合長

  • 5年ぶり復活「市場まつり」、特製海鮮丼やマグロ解体人気、帯広 7

    5年ぶり復活「市場まつり」、特製海鮮丼やマグロ解体人気、帯広 7

  • 解体されたばかりの本マグロの切り身を買い求める来場者ら(26日午前●時ごろ)

    解体されたばかりの本マグロの切り身を買い求める来場者ら(26日午前●時ごろ)

  • 解体されたばかりの本マグロの切り身を買い求める来場者ら(26日午前●時ごろ)

    解体されたばかりの本マグロの切り身を買い求める来場者ら(26日午前●時ごろ)

更新情報

医療の仕事を学ぶ 歯科医や看護師、作業療法士が語る 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

11.28(月)の紙面

ダウンロード一括(100MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME