十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

管内初、災害時のペット救護で町と獣医師会が協定締結 音更

協定締結後に握手をする小野町長(右)と町獣医師会の栗栖会長(左)

 【音更】音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。(内形勝也)

 同協定は、大規模災害発生時および発生の恐れがある場合に、被災者や被災する恐れがある人たちが飼育する犬、猫を中心とするペット(犬、猫以外の動物は都度協議)の救護が目的。

 町獣医師会に所属する「すずらん動物病院」(木野大通東13)、「おとふけ動物病院」(大通8)、「きの動物病院」(木野西通12)、「むろや動物病院」(木野大通東3)の町内の4動物病院の獣医師らが町の要請に応じてペットの救護にあたる。

 具体的な救護内容は、(1)避難所に同行したペットの健康管理(2)災害時に負傷したペットの治療および健康管理(3)飼い主が不明になったペットの保護や、一時飼育および健康管理(4)ペットに関する情報収集および提供(5)その他、ペットに必要な災害応急業務。

 この日は、栗栖会長(54)=すずらん動物病院院長=が町役場を訪れ、小野信次町長と協定書を取り交わした。小野町長は「家族の一員であるペットはもとより、飼い主にとっても安心して避難できる環境整備に協力いただき感謝している」とあいさつ。栗栖会長は「ペットにも優しい音更町のために協力を惜しまないつもりでいる」と述べた。

 町総務部危機対策課によると、町の民間企業・団体との災害協定の締結は今回が64例目となる。町では防災の日(9月1日)に合わせて実施を予定している今年度の「防災の日総合訓練」で、ペットの救護も訓練内容に加える方針でいる。

関連写真

  • 協定書を取り交わした小野町長(右)と町獣医師会の栗栖会長(左)

    協定書を取り交わした小野町長(右)と町獣医師会の栗栖会長(左)

更新情報

ホーム球場、手弁当で整備 まいどリーグの大原さんと高山さん

紙面イメージ

紙面イメージ

5.21(火)の紙面

ダウンロード一括(78MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME