十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

からあげGP3年連続金賞 MOGMOG&の豚丼風とごぼう味

初めて東京での表彰式に出席し、賞状を受け取った岸田代表(右)。左は店を二人三脚で切り盛りする三浦文弘店長

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本味バラエティ部門)を獲得した。金賞は、十勝の店舗では唯一で、同店としては3年連続。豚丼風はゴールデンウイークから店頭販売する予定。(佐藤いづみ)

 同グランプリは、日本唐揚協会(東京)が毎年実施。今回は全国753店がエントリーし、ネット投票(昨年12月~今年1月)で選出された89店の唐揚げを3月に試食審査。今月10日に各賞が発表された。

金賞の豚丼風(手前)とゴボウ味(奥)

 「とかち×ザンギ」は、2019年の開店当初から提供している、道産鶏モモ肉を使った唐揚げシリーズの総称。徐々に種類を増やし、現在は21種類。豚丼風は今大会のために開発した。店で使用する豚丼のたれをベースに、「隠し味を複数加え、後味よく仕上げた」と岸田代表。肉は臭みを取り除くため、畜大牛乳で下漬けしている。

 同店は第13回、第14回でも「とかち×ザンギ」の別の味で部門別金賞だった。今回は同店ほか、道内では札幌の3店と苫小牧の1店が部門別金賞を取った。同協会の八木宏一郎専務理事は「おいしさはもちろん、選ぶ楽しさを演出している点も素晴らしい。地方の個人店が3年連続で投票審査を突破するのは極めて珍しい」とした。岸田代表は「入賞を契機に認知度も高まり、釧路など道東一円から来店も増えた。来年こそは最高金賞を取りたい」と話している。

関連写真

  • 東京での表彰式に初出席し、賞状を受け取った岸田代表(左)。二人三脚で切り盛りする三浦文弘店長(右)と金賞を喜ぶ

    東京での表彰式に初出席し、賞状を受け取った岸田代表(左)。二人三脚で切り盛りする三浦文弘店長(右)と金賞を喜ぶ

  • からあげGP3年連続金賞 MOGMOG& 4

    からあげGP3年連続金賞 MOGMOG& 4

  • からあげGP3年連続金賞 MOGMOG& 5

    からあげGP3年連続金賞 MOGMOG& 5

更新情報

帯農男子団体戦4連覇、女子は帯大谷制す 全十勝高体連ソフトテニス

紙面イメージ

紙面イメージ

5.20(月)の紙面

ダウンロード一括(89MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME